FXは裁量トレードで勝つ!裁量の必要性と使い方とは?

FXは裁量トレードで勝つ!裁量判断の必要性とは?

FXで安定して勝ち続けていくために裁量は絶対に必要です。FXは優位性のあるトレードルールに裁量をプラスした裁量トレードでなければ生き残れないと言っても過言ではないのです。

また、裁量と聞くと難しそうというイメージを持つ方も多いと思いますが、なにをどう判断すればいいのかが決まっていれば裁量は難しくないのです。

そして、決まったトレードルールに様々な裁量をプラスすることで、勝率アップ、収支アップに大きく関わってくることになります。

裁量トレードは難しいと敬遠される方も多いと思いますが、裁量トレードで勝つために大切なことをわかりやすく解説していきたいと思います。

裁量トレードとは?

裁量トレードとは?

裁量を調べてみれば「自分の意見でとりさばき、処置すること。」と出てきます。FXに当てはめれば、チャートを見てエントリーも決済も自分で決める普通の取引方法のことになります。

裁量トレードは裁量取引と呼ばれることもあります。

また、様々なテクニカル分析を使っていたとしても、最終的な判断をあなたが自分自身で行うのであれば、それも裁量トレードになります。

そして、トレードルールが厳格に決まっていたとしても、そのルールを使うのが人間である限り、必ず判断する部分が出てきますから、それも裁量トレードになります。

これを考えれば裁量トレードは難しいという考え方は間違いになります。自動売買以外のほとんどのトレードが裁量トレードになるのですから、裁量トレードが難しいという方は自動売買しかできなくなってしまうためです。

裁量トレードの反対はシステムによる自動売買

裁量トレードの反対は無裁量トレードで自動売買によるシステムトレードとも呼ばれます。簡単に言えばシステムが自動で売買を行うために、人間の感情が影響することなく自動でトレードできるのがシステムトレードによる自動売買です。

自動売買では、EA(エキスパートアドバイザー)という自動売買プログラムをMT4などに入れて、買ったり売ったり利確したり損切りしたりチャンスを待ったり、コンピューターが全部自動でやってくれます。

資金を口座に入れてEAを稼働させれば、勝手にトレードがスタートし、儲かったり損したりを繰り返すことになります。

システムトレードとは、完全に決まったルールに基づいて自分の感情を一切排除したトレード方法のことです。ただし、少しでもエントリーするかしないかを判断する必要がある場合は裁量トレードとなります。

そのため、自動売買以外のシステムトレードと呼ばれているものの多くは、なんらかの判断を自分で下す場合が多く裁量トレードになっている場合がほとんどです。

裁量トレードは難しくない!

裁量トレードは難しくない!

私は手法を公開していて、様々な質問受けることも多いのですが、「安定手法は裁量トレードですか?」というような質問も多いです。

上記したように、自分でチャートを見てエントリーも決済も判断して行いますから裁量トレードになるのですが、「裁量トレードだと難しいんでしょうね?」みたいな意見もいただきます。

裁量と聞いて、相場観が必要だったりや判断能力が高くなければ勝てないと勘違いされる方も多いのですが、裁量トレードでもトレードルールが決まっていれば難しくありません。

あくまでも基本のトレードルールに従うことが一番重要です。そして、そのルールに従いながら、相場状況を判断しプラス要素として加えていくことで勝率アップ、収支アップをしていくことができるようになります。

例えばチャートを1時間分切り取ったとして、永久に全く同じチャート形は出現しないのがFXなのですから、基本ルールは大きな指針として決めておき、それに様々な事項の裁量を加えていくことで、どんな相場状況にでも対応していくことができるようになるのです。

FXで長く安定して勝ち続けていきたいのであれば、基本のトレードルールはもちろんですが、裁量は絶対に必要だと考えて良いと思います。

EAだけで勝てる?

私はEAを本格的に使ったことがありません。大切な資金をコンピューターに任せることが不安だったのと、ずっと勝ち続けているEAを知らないからかもしれません。

また、FXを始めたころにチャートに矢印が表示されて「買い買い買い」「売り売り売り」と喋るトレードソフトを使ったことがあるのですが、それでボロ負けした体験がネガティブにさせているのかもしれません。

でも、私が使っている安定手法をEA化できたら、ほったらかしで儲かると考えて作成を依頼したこともあります。でも、完全なEAを作ることはできませんでした。

会員の方の中にも過去7名ほどEAを作れる方がいてEA化に挑戦されましたが、どうしても目で見て判断する部分をEA化することが難しく完全なものは作れませんでした。

※割合的に見てEAを自作できる人が多いのには驚いています!

それでも、儲かるEAがあればいいななんていつも思っています。

世界中のトレーダーの中にはEAで儲けている方もたくさんいるようですが、そういった方々は1つのEAをずっと儲け続けているわけではなく、ポートフォリオを組んで相場状況に合わせて使い分けているようです。

EAを使い分けるということは、ある意味、裁量とも言えるかもしれません。

私が知る限りですが、EAは突発的なニュースや要人発言での方向性などを判断できないし、レンジやボラティリティの判断もできない。やはり、一つのEAで勝ち続けていくことには無理がありそうに思えてしまいます。

もし、相場状況を判断できて勝ち続けるEAが公開されたとしたら、使う人全員が勝てることになってしまいます。FXはゼロサムゲームですから、そんなEAを全員が使ったらFX自体が成り立たないことになってしまいます。

ゼロサムゲームとは、参加者全体の勝ち額と負け額が等しくなるゲームのこと。FXで言えば買いと売りの金額が同数存在しているという意味です。

FXでは裁量がなければ生き残れない?

FXでは裁量判断がなければ生き残れない?

FXでは優位性のあるトレードルールに裁量をプラスすることで勝率、利益率を上げていくことが可能になります。

大袈裟に言えば、1日に10pipsしか値幅が出ずに1日中狭いレンジ推移が続いていたとしたら、ほとんどのトレード手法は役に立たないはずです。結果、損切りの嵐となり大負けしてしまう可能性もあります。

この狭いレンジを目視し、チャンス待ちに徹する、これも裁量になります。

※例外でレンジの逆張りスキャルなら取り放題かもしれません。

それでは、どんなことを裁量で判断していけばいいのか見ていきたいと思います。もちろん、トレードルールによって必要不必要はあると思いますから、自分のトレード手法になにが必要なのかという感じで見ていってください。

トレンドフォロー手法でのレンジ回避

トレンドフォローの手法を使っている場合、狭いレンジにはまってしまえば損切りの連続もあり得ることになります。

そのため、上位足で見てレンジだと判断できた場合はエントリーポイントだったとしてもエントリーを見送ることで損切り回数を減らすことができます。

そして、レンジを抜けてからのチャンスを狙っていけば勝率も高まることになります。

こういったレンジでのエントリー回避も裁量の一つで裁量トレードで勝つためには必要な要素になります。

レンジでの逆張り手法でのトレンド回避

トレンドフォローの逆でレンジを狙った逆張り手法で利益を出している方も数多くいます。そんなレンジでの逆張りを狙っている時に大きなトレンドが出現したら、もしくはレンジブレイクしそうなニュースや要因が出てきたとしたらエントリーを見送らなければなりません。

あえて勝率が下がる場面でエントリーする必要はないためです。

このように自分が使っている手法に合わせて裁量で判断することも裁量トレードで勝つためには必要なことになります。

ボラティリティの判断

ボラティリティの判断も重要です。今の相場状況は参加者が多くボラティリティが大きいのか、それとも閑散相場でボラティリティが小さいのかを判断します。

ボラティリティが大きければ利益を伸ばしたりすることもできますし、損切りを早めたり遅くしたり、相場状況に合わせた判断もできるようになってきます。

ボラティリティが小さければ利益を出せる確率が低くなることが多いために、動き出しまで待つという判断もできることになります。

私は1日の値幅、2時間単位での値幅をボラティリティをみる指針としています。自分がいつも見ているチャートで、どの程度の値動きならボラティリティが大きいとか小さいとかを判断できるようにしておけば判断も簡単になります。

重要指標や要人発言やニュース

トレード中に重要指標や要人発言、ニュースの情報を見て判断を加えていくことも裁量です。というか、絶対に加味していかなければならないことです。

大きく値を動かしそうな重要指標発表前にポジションを作らないのは当たり前のことですし、発表時間未定の要人発言がある時などもトレードを控えなければなりません。

逆に重要指標やニュース、要人発言などで大きなトレンドができたとすれば、そのトレンドに素直についていくことで利益を出すことができます。

裁量トレードで勝つためにはニュースや指標などは見逃し厳禁です。

ファンダメンタルズ分析

分析というと難しく感じるかもしれませんが、大きな目線で今の世界情勢はどうなっているのかとか、トレードしている通貨は強い要因があるのか弱い要因があるのかを理解しているだけでもトレードに役立つことがあります。

例えば、トランプさんに大統領が決まったあとのドルの上昇。しばらくはドル円が上昇すると予測できていれば買い目線で買いの利益を伸ばすことができたはずです。

あとはポンドのブレグジット問題。どう考えても上昇する要因にはならずに下落すると予測できていれば売りでの利益を伸ばせたかもしれません。

こういった長期目線で相場状況を考えることも裁量になります。

日経やダウ、米長期金利、原油などの連動性

私の場合、朝8時からトレードをスタートする関係で、深夜から早朝までの日経先物やダウ、米長期金利や原油などの動向は必ずチェックします。

連動性がある時期と相反する時期、無関係な時期というものもあるのですが、今はどんな時期なのかを毎日の相場の流れを見ていることで、ある程度判断できるようになってきます。

例えば、日経とダウとドルが連動している時期に、朝まで日経先物が上昇して終わっていれば、普通であれば朝のドル円は上昇しやすいと考えることができます。

逆に朝までダウが下落して終わっていれば、朝のドル円の上値は重そうと考えることができることになります。

相場はちょっとした要因でも反転してしまう可能性もあるわけですから、あくまでも参考程度に予測として考えておくといいと思います。

相場環境認識も取り入れる!

相場が今どんな状況にあるのかを大きな目線で確認するのが相場環境認識の考え方です。トレードを5分足でしているのであれば、15分足、1時間足、4時間を確認することで、どんな状況の中で5分足が動いているのかを確認します。

大きなトレンドに沿って動いているのか、押し目を作るために少し逆行しているのか、もみ合いでレンジになっているのかなどを判断できれば、トレードルールにプラスして活かすことができてきます。

詳しくは以下の記事で内容をチェックしてください。

FXの相場環境認識って何?知れば確実に勝率はアップする?

2016.09.06

検証作業にも裁量を入れる?

検証作業にも裁量判断を入れる?

FXをしている方は検証作業をしていると思いますが、検証にも裁量を加味していますでしょうか?

検証は過去チャートを使うことで日付を遡れば遡るほど、その時にどんな相場状況だったのかの判断は難しくなります。

そのため、なにも加味せずに検証をされている方が多いのですが、わかる範囲で、そのときにどんな相場状況だったのかを加味した方が正確なデータが出せます。

例えば大きな指標発表時は省くとか、要人発言での突発的な値動きを省くとかです。あとは短期トレンドを形成するような理由がある時も、そういった状況も考えながら検証していくことで、よりリアルトレードに近い検証ができてくるはずです。

裁量は疲れる?

裁量トレードでは見るべきところがいっぱいで疲れるとか、よくわからないという方がいらっしゃいます。確かに様々な要因を裁量で判断していくことを1週間や2週間の短期間で覚えることは無理かもしれません。

それでも、トレードルールに加味していった方が勝率が上がることがわかっているのであれば、疲れるとか言っている場合ではありません。

まずは、見るべきところをすべて書き出してみましょう。そして見る順番、チェックする順番を決めてトレードのルーティンに組み込んでしまいましょう。

そうすれば忘れることもなくなるし判断ミスも減ってくるはずです。なによりルーティン化してしまうことで慣れるのも早くなってきます。

FXで勝つための裁量ですから、疲れるなんて言っていてはダメです。大きな利益のためにしっかり裁量トレードしていきましょう。

裁量トレードでは練習も大事!

裁量トレードでは練習も大事!

裁量トレードは難しそうというイメージを持っている方も多いようですが、トレードルールが決まっていれば、あとは上記したような状況を裁量で判断をしていくだけですから難しくありません。

ただ、見るべき箇所が多くなればなるほど慣れも大事になってきます。

慣れるためには、ひたすら練習することです。リアルチャートを見ながら何をどの順番で見ていけばいいのか、その結果どうだったのか、しっかり記録しながら練習します。

もちろん、トレード終了後に検証作業をすることも大切です。

FXのプロになるにはチャートを1万時間見続けることが必要なんて考え方もあるほどですから、リアルチャートで練習をすればするほど上達することは間違いありません。

裁量トレードで勝つためには練習も必要ということを覚えておきましょう。

好きでなければ続かない!

FXで勝ち続ける秘訣は「FXが好きなこと」かもしれません。好きでなければ長時間チャートも見ていられませんし、勝つための努力も嫌になってしまうためです。

趣味だったとしてもゲームだったり、パチンコでもマンガ読みでも競馬でも好きなことならいつまででもやってられるし、攻略するための努力も惜しまないはずです。

FXも好きなら努力を惜しまないでできることになります。FXは嫌いだけど儲けるために仕方なく・・・みたいな考え方を持っていれば勉強するのも嫌になってしまいます。

FXの裁量でも、トレードルールにプラスできれば更に収支を改善できることがわかっていても面倒でやらない人が多すぎます。

FXを好きになれば儲かる確率が上がります。儲かればますますFXが好きになっていきます。良い循環になれるようにFXに取り組んでいきましょう。

裁量トレードにはメンタルも重要!

裁量トレードで勝つためには、基本のトレードルールに様々なことを加味していくわけですから、その都度冷静な判断が必要になってきます。そのため、メンタル的な要因も関わってきます。

様々な裁量での判断もトレード前のルーティンワークにしてしまえばメンタル面に影響を与えることも少なくなってきます。

そのためには数多くのリアルタイムチャートでの練習が大切になってきます。慣れてしまえば無意識にでもチェックできてきますから、安定して勝ち続けるための努力として取り組んでいってほしいと思います。

FXはメンタル強化で勝てる?正しいトレーニング方法とは!

2016.09.19

FXは裁量トレードで勝つ!裁量の必要性と使い方とは?まとめ

FXは裁量トレードで勝つ!裁量判断の必要性とは?まとめ

長期間、FXで安定して勝ち続けていくためには裁量での判断が必要不可欠です。そして、優位性のあるトレードルールに裁量をプラスした裁量トレードが最強と言えます。

FXで勝つための裁量を加えていくためには経験も重要になってきます。数多くのリアルチャートを経験していくことで的確な判断ができるようになっていくためです。

FXで勝ち続けていく「FX職人」を目指すなら裁量トレードを身につけていきましょう。

 

少しでも参考になりましたら応援クリックお願いします!

⇒⇒⇒ FXブログランキング
⇒⇒⇒ ブログ村為替投資情報

 

MAXの安定手法とMAXの神技手法公開中!

FX専業トレーダーMAXが2010年から使い続けている「MAXの安定手法」と2014年から使っている「MAXの神技手法」を少人数限定で公開しています。

FXで安定して勝ち続けていくためには、トータルで勝てる優位性の確認された手法が絶対必要条件です。また、勝てる手法を手に入れたとしてもリアルトレードで使いこなせなければ絵に描いた餅で意味がありません。

そのため、2つの手法公開は少人数の会員制として、会員期間内は個別の無制限サポートで、手法の使い方はもちろん、メンタルから悩み事まで徹底サポートしています。

FXで安定して勝ち続けていきたい方は詳細をじっくりご覧ください。