FX専業トレーダーになったサラリーマン銀行員の話!

FX専業トレーダーになったサラリーマン

FX専業トレーダーが夢という方は多いようです。そんな私もFXを始めてすぐに、誰にも気を遣わずに自分一人だけで利益を出していけるFXの魅力にはまってしまい、1年後には専業トレーダーになることができました。

そして、私が手法を公開してから2017年4月現在まで、私が知る範囲では8名の方が専業トレーダーになりました。その方々の前職は様々で、銀行員、SE、建築関係、公務員、パチプロ、塾講師、普通のサラリーマンの方などです。

そんな中、サラリーマンの銀行員の方がFX専業トレーダーになった経緯などを書いてみたいと思います。内容は事前に許可をいただいています。一部、個人情報に関わる部分は若干変更していて、手法に関わる部分は伏字にしています。

あこがれのFX専業トレーダー

あこがれのFX専業トレーダー

好きな時に好きなだけトレードして、好きなだけ利益を出せる。お金にも時間的にも余裕があって自分も家族も幸せに暮らせる。トレードルームにはたくさんのモニターがあって格好いいという方もいます。

こんなFX専業トレーダーになることが夢、目標というFX参加者も多いようです。専業トレーダーにはメリットだけでなくデメリットもありますが、収入が大きく自由な時間もできるために、自分の家族の幸せのためとか親孝行が目標という方もいます。

FX専業トレーダーについては以下で詳しく解説しています

FX専業トレーダーのメリットとデメリットとは?FX専業トレーダーの生活も!

2016.09.08

FX専業トレーダーになるための初期資金は?

FX専業トレーダーになるためには資金がいくらあればいいのでしょうか?

こんな質問をたくさんいただきます。でも、これは人それぞれですから、いくらあれば専業トレーダーになれるというものではありません。もちろん、資金が多い方が心に余裕が出ますから多いに越したことはないということになります。

それでも、一つの例として最低ラインの月間利益から逆算していった場合を考えてみます。

FXだけでの月の利益平均が40万円とします。40万円の利益だと税金や保険料などで10万円は引かれてしまうことになるので月収は30万程度といったところでしょうか?年収にすれば手取り360万円です。

月利益平均40万円を考えて月に400pipsを平均で獲得できると仮定した場合、トレードするロット数は10万通貨になります。10万通貨をポンド円でトレードする場合の保証金は、個人の場合は56万円(2017年4月現在)です。

1回のトレードに56万円の保証金を使い、10万通貨で一ヶ月トレードして400pips獲得して40万円の利益、これをFX専業トレーダーの最低ラインと仮定します。

単純に最低ラインでいいのであれば、保証金の56万円+αで100万円もあれば専業トレーダーになることができると言えます。

しかし、平均で月400pips獲得できるとしても、調子の良い月悪い月、値幅が出てチャンスの多い月もあれば、狭いレンジ推移でチャンスが少ない月もあります。これを考えれば最低資金ギリギリで専業トレーダーになってしまえば、余裕がないというストレスが物凄いことになります。

また、病気やケガで一時的にトレードできない日もある可能性も考慮しなければなりません。

これを考えると、月40万円の半年分で240万円程度の余裕資金は欲しいところです。FXで満足のいく利益が半年出せなくても生活できるための心の余裕です。

平均で月400pips獲得できる人が、ここまでスランプに陥ることは稀だとは思いますが、保証金と余裕資金を合わせて300万円程度の資金があれば、最低ラインで考えた場合の専業トレーダーになることが可能と言えます。

もちろん、もっとたくさん儲けたいと考えて30万通貨でトレードをすることを考えた場合は、単純に3倍の資金が必要ということになります。

  • 自分は月平均で何pips獲得できるのか?
  • その獲得pips数の月単位での上下の波
  • メンタル的に余裕のあるロット数
  • 一ヶ月の生活に必要なお金
  • 儲けたい金額

これらを総合的に考えて、自分がFX専業トレーダーになるためには、いくらの資金があればいいのかを算出してみましょう。

FX専業トレーダーの収入は?

FX専業トレーダーの収入

FX専業トレーダーの収入はメンタルに大きく関わってきます。もちろん、メンタルを無視して月に平均何pips獲得できるかを考えた上での話です。

例えば、月平均400pips以上獲得できると考えた場合、10万通貨でトレードすれば月収40万円、50万通貨でトレードすれば月収200万円、100万通貨でトレードすれば月収400万円、500万通貨でトレードすれば月収2000万円です。

でも、人にはメンタル的な適正ロット数というのがあり、資金があるからと言って、どこまでもロット数を大きくできるものではありません。また、FX業者によってもどこまでのロット数でトレードできるかも変わってきます。

そのため、月収2000万にしたいから500万通貨でトレードしよう。3000万の資金があれば可能になる・・・こんなに単純なものではないということです。

FX専業トレーダーは、ある程度のレベルのトレード力がついていれば、自分の収入を自分で決めることができるようになります。ただし、上記したように自分のメンタル力とFX業者が関係してくることになります。

これは私の経験上での話ですが、国内のどこのFX業者でも100万通貨程度までであれば過度の約定拒否もなく普通にトレードできます。

銀行員のサラリーマンが専業トレーダーになった話!

銀行員のサラリーマンが専業トレーダーに

某大手銀行の銀行員でサラリーマンだった佐々木さん(HN)、私の手法公開に応募してきたのは2015年の12月でした。当時45歳でFX歴は8年ほどでしたが、月トータルで利益にできたのは過去に1度もないということで負け総額は700万円程ということでした。

過去にFX商材を10数個購入して全部ダメ、高額なFX塾にも3つ入会して全く利益にできずに、トレードの負けと合わせれば800万以上も使っていて、最後の最後に私のブログを見つけて応募されてきました。

佐々木さんの取り組みと進捗

佐々木さんはさすが銀行員というか、良く言えば頭が良い人で、悪く言えば頭が固く応用が効かない人でした(佐々木さん、気を悪くされないでくださいね)。

手法公開ではマニュアルをスタート1週間前くらいにお渡ししているのですが、その1週間ですべて理解したつもりになり、スタートと同時にリアルトレードを開始されました。

ちなみに私は以下のようにお勧めしています。

  • 1ヶ月目 検証作業とデモトレード
  • 2ヶ月目 デモトレードか小ロットで練習
  • 3ヶ月目 リアルトレード

佐々木さんは初週から10万通貨でリアルトレードを開始して、1週間で12万円程の利益を出されて、大喜びでメールを送ってきたことを今でも鮮明に覚えています。

しかし、その後にスランプに陥ります。

スランプというか、手法を理解できていない部分があったために●●●●や●●●●の判断を誤っていたり、●●が●●●の時にエントリーしていたり、損切りが遅かったり利確が早かったりと基本が実行できていなかったのが原因でした。

そして、エントリー時に考えなければならない●●●の判断なども抜けていたために勝率が落ちていたことも原因でした。

私は会員の方を個別サポートしているので、聞いていただければすぐに回答できた部分だったのですが、実は私にはまったく相談や質問もなく、ほぼ1ヶ月ほど自分一人で悩んで負け続けてしまったのです。

そして、どうしても解決できずに1ヶ月ちょっと経ったときにメールで相談されて、ダメな部分を徹底的に修正していきました。

そこでも頭が良い方の変な自信というか、我が強い部分というか、人から素直に聞かないところというか、自分一人でなんとか考えようという性格が出てしまい、完全に理解できたのは2ヶ月を過ぎたところでした。

そこから仕事からの帰宅後の時間で数多くの検証をこなして、1週間だけデモトレードで練習し、再度リアルトレードに取り組みました。

しかし、メンタルが邪魔をして収支は一進一退が続きます。

トレードルールは理解していても、欲と恐怖心と自分自身の考えが邪魔をして、エントリーポイントを見送ったり、損切りが遅くなったり、チキン利食いになったりしてしまうのでした。

結局、サポート期間終了の3ヶ月を迎えても安定して勝てるようになることはできずに、サポート期間を3ヶ月延長して本気で取り組まれました。

安定して勝てるようになったきっかけとは?

安定して勝てるようになったきっかけ

佐々木さんが安定して勝てるようになったきっかけを聞きました。そのきっかけは、私がサポートで送ったエクセルの収支表だったということです。

私は、エクセルの収支表に自分のトレードをすべて記録することをお勧めしているのですが、その収支表を毎日再検証して、やってダメなことをやらないようにした場合の収支をマクロで計算したら自分でも驚くほどの結果になったというのです。

自分自身のトレードを自分自身で再検証したことによって、やってダメなトレードが浮かび上がり、リアルトレードでそのダメなところを修正していったことで、トータルでの利益がしっかり残るようになったのです。

これで自信をつけた佐々木さんは、1日単位では負けがあるものの、週単位では負けなしで5ヶ月目、6ヶ月目をプラス収支で乗り切ったのでした。

この初めてトータルで勝てた2ヶ月間の自分自身のトレードデータは今でも宝物だそうです。そして、調子が悪かったり、熱くなって連敗したりすると、今でも自分のトレードデータの再検証で調子を取り戻せるようになっているそうです。

FX専業トレーダーになれた理由とは?

FX専業トレーダーになれた理由

佐々木さんはFXを始めた時から専業トレーダーになることが目標で、あきらめずに取り組んできたということでした。

それでも、結構な金額のマイナスになっても取り組んでこれたのは奥さんの力も大きかったと言います。佐々木さんの奥さんは看護師で十分な収入があり、生活費以外は夫婦別財布で生活していたことで自由に使えるお金が十分にありました。

そして、銀行を辞めてFX専業トレーダーになることを奥さんに話した時には、反対することもなく、自分の人生だから好きなようにしていいという寛大な返事をもらったということでした。

二人の子供も大学生で大きくなっていたこと、奥さんが許可したこと、奥さんの収入で生活できていること、そして銀行の退職金も結構な金額出ること・・・などなど、すべていい方向に重なったことで2016年の9月に銀行を退職されて専業トレーダーになりました。

専業トレーダーになった時のトレード資金は、貯金と退職金の一部を合わせた500万円ということでした。

「安定収入の銀行を辞めて後悔はないですか?」と聞いたことがあるのですが、「ストレスで薄毛になり、ストレスからの暴飲暴食で中年太り、中間管理職で上司と部下の板挟みで胃が痛くなり、すぐにでもやめたかった」ということでした。

それでも、FX専業トレーダーになる決断ができたのは、住宅ローンはあっても持ち家だったこと、奥さんの理解を得られたこと、しばらく生活するのに困らない資金があったことなどが大きかったと思います。

最後に笑い話ですが、佐々木さん、銀行を辞める前にクレジットカードを新しく7枚も作ったそうです。FX専業トレーダーになればカードは作れなくなるし、万が一があった時のお守りということでした。

佐々木さんの今現在の状況

佐々木さんはトレードルームを自宅から歩いて15分のところに借りてトレードをされています。まだ専業になって1年もたっていませんが、1日単位では負けの日はあるものの毎月の収支はすべてプラスを維持できているそうです。ただ、ストレスは銀行員時代以上ということでした。

やはり、毎日の目標を達成しなければならないし、トータルで負けられないと思えばプレッシャーもかかり、メンタル的な負荷も大きくなります。

それでも、自分一人でトレードルームで自由にトレードしていると、人間関係のしがらみも全くなく自由な時間も増えてしみじみ幸せだと思うそうです。奥さんや子供たちにも優しく接しられるようになったとも言っていました。

私にも月1回くらい現状を教えてくれて、難しかった時やボーナスデーなどもメールをくれたりしています。

今は法人を作るために更に頑張っています。

FX専業トレーダーの収入は不安定!

FX専業トレーダーというとメリットばかりに目にいきがちですが、収入が不安定というデメリットは結構大きなものです。

単にトレードだけの収支を見ても、トレンドが出ていて活発な値動きの時もあれば、ほとんど動きのないような狭いレンジ推移の時もあり、チャートの動きによって収支が変わってしまう場合も多々あります。

先日の朝から7時間ほど続いた超狭いレンジ推移の時は、こんなレンジが続いたら専業廃業かと思えるほどの動きの小ささでした。こんなレンジが1ヶ月も続いたら・・・と考えると不安な気持ちも出てきてしまいます。

また、病気やケガでトレードができなければ収入はゼロになってしまうという不安も常に付きまといます。私も先日扁桃腺炎になったときは高熱で具合が悪く、トレードする気にもなれずに丸1日休んでしまいましたが、その日は当たり前ですが収入がゼロでした。

FX専業トレーダーになるためには、こういったデメリットも考えて資金管理もしていかなければならないことになります。

FX専業トレーダーになったサラリーマン銀行員の話!まとめ

FX専業トレーダーになったサラリーマン銀行員の話!まとめ

FX専業トレーダーはFXをする人にとっては夢であり憧れの職業ですが、誰でも簡単になれるものではありません。安定した収支はもちろん、余裕のある初期資金、家族や周りの理解と協力、強いメンタル力・・・などなどが必要です。

サラリーマンで安定収入を得ていた元銀行員の佐々木さんが専業トレーダーになった話を書いていますが、サラリーマンの安定収入を捨てて専業トレーダーになる決断は難しかったと思います。専業トレーダーを目標にしている人には参考にしていただけたらと思います。

また、FX専業トレーダーになる夢を実現させるには、あきらめない強い気持ちで本気で取り組んでいくことも大切ですね。

近日、もう一人のFX専業トレーダーになった方の話も書いてみたいと思います。

私は自分の経験をもとに、FX専業トレーダーを目指す方を応援しています。

 

少しでも参考になりましたら応援クリックお願いします!

⇒⇒⇒ FXブログランキング
⇒⇒⇒ ブログ村為替投資情報

MAXの安定手法とMAXの神技手法公開中!

FX専業トレーダーMAXが2010年から使い続けている「MAXの安定手法」と2014年から使っている「MAXの神技手法」を少人数限定で公開しています。

FXで安定して勝ち続けていくためには、トータルで勝てる優位性の確認された手法が絶対必要条件です。また、勝てる手法を手に入れたとしてもリアルトレードで使いこなせなければ絵に描いた餅で意味がありません。

そのため、2つの手法公開は少人数の会員制として、会員期間内は個別の無制限サポートで、手法の使い方はもちろん、メンタルから悩み事まで徹底サポートしています。

FXで安定して勝ち続けていきたい方は詳細をじっくりご覧ください。