FXはチャンスを待つことが重要!勝つためには我慢も大事!

FXはチャンスを待つことが重要!勝つためには我慢も大事!

FXでは待つことが重要と言われています。これは、自分のトレードルールでのエントリーポイントがくるまで待つという意味です。正直、これができないために負けているFX参加者が如何に多いことか・・・。

買えるポイント、売れるポイントを探すのではなく、ルール合致まで待つことができれば勝率は飛躍的に向上します。もちろん、トータル収支も大きく改善されるはずです。

チャンスを待つことの大切さを考えていきましょう。

チャンスを待つことはFXで勝つことに直結!

FXでチャートを見ているということは、ポジション持っているか、チャンスを待っているかしかありません。

でも、FXをしている人の多くは、「どこかで買えないかな」「今売ったらどうだろう」「ここを超えたら上がるんじゃないかな」「ここまで戻ったら売ってしまおう」などなど、どこかでエントリーできないか探しています。

これがどういうことかと言えば、少しでも儲かりそうなポイントを探しているのと一緒ということになります。

なぜこんなことが起きるのか?

なぜ多くの人が同じようにエントリーポイントを探すのでしょうか?

ポジポジ病の記事でも書いたのですが、FX参加者の多くはサラリーマンだったりOLだったり主婦だったり、兼業トレーダーです。ですから、決まった時間、少ない時間をやりくりしてトレードをすることになります。

そして、その少ないトレードに使える時間をお金に変えたいと無意識に思ってしまいます。そのため、そのトレードできる時間内になんとかエントリーできないかとエントリーポイントを探してしまうわけです。

エントリーポイントを探すということは、自分目線になってしまうために、エントリーする際に自分に都合のいい理由を考えてしまいます。

本当は、エントリーポイントは探すものではなく待つものなのです。だから、エントリールールに合致するまで何分でも何時間でも待つのが正解です。

自分の都合で探したエントリーポイントは、ルール的な観点から言えば適当なトレードということになり、ある意味ギャンブルと一緒です。適当なトレードなわけですから収支も安定せずにトータルマイナスになる可能性も高くなってしまいます。

「待つこと=ルールを守ること」なのですから、チャンスを待つということは勝つことに直結することになります。

FXでポジポジ病は最大の敵!どうやったら治る?克服方法は?

2016.09.05

スイングトレーダーは待つのが得意!

スイングトレーダーは待つのが得意!

私的には勝っているスイングトレーダーを尊敬しています。また、私でもできるならスイングトレードをしてみたいとも思っています。

その理由は

例えばスキャルピングでもスイングでも同じように儲かるとしても、必ずスイングトレードの方が収支的に大きな波が出やすいにもかかわらず、1週間や1ヶ月に数回のチャンスをしっかり待てるためです。

そして、勝つときも大きいが損するときにも大きいというメンタル的な問題もあります。

スイングトレードで勝つには、日足や週足、月足を見るために、必然的に長期間チャンスを待たなければならなくなります。チャートを開いてすぐにエントリーチャンスがあるということは稀なためです。その代わり、ずっとチャートを見なくてもいいというメリットもあります。

スイングトレーダーでポジポジ病の人は聞いたことがありませんから、勝っている方々は皆さん待つのがうまいということになります。

勝っているトレーダーはチャンスを待っている?

ポジポジ病だけど勝っているなんてトレーダーは聞いたことがありませんし、適当にどんどんトレードして勝っている人も私は知りません。

安定して勝っているトレーダーの多くは、やはりチャンスを待っているはずです。

そのチャンスの待ち方は、スイングだったりデイトレだったりスキャルだったりとトレード手法で変わると思いますが、待つことの大切さを知っている人が勝っている可能性が高いと思います。

もちろん、スキャルピングで1日に30回とか50回とかトレードするトレーダーでも、それが自分のトレードルール通りで勝てているのであれば何の問題もないわけです。

だから、自分のトレードルールのエントリーポイントまで待つということが大切になります。

私もチャンスを待てずに大負けした経験は数えきれない!

私もFXを始めたばかりの頃はポジポジ病でしたから、チャンスを待つという考えはまったくありませんでした。自分目線でなんとかエントリーできないかばかり考えていましたし、適当にエントリーしたとしても、理由をこじつけていたものです。

その結果は、1年で1000万以上の大負けでした。

ルールもなく、勘や値ごろ感での適当トレードばかりでしたから、負けたのも当然の結果だと思いますが、今思えば、チャンスを待つなんて考えたこともなかったような気がします。

でも、誰からも聞くことができずに独学でのFXでしたから、当たり前と言えば当たり前の結果だったのかもしれません。

私もチャンスを待てるようになって勝てるようになった!

私もチャンスを待てるようになって勝てるようになった!

私が勝てるようになった一番の要因は、優位性のあるトレードルールが完成したことにあったのですが、それでも、しばらくの間はルール合致のチャンスまで待てずに苦しんだ時期もあります。

ルールの通りにやれば勝てることがわかっているのに、チャートを見ている時間にポジションを持っていないと「もったいない」という気持ちが強くなってきてしまうのです。

もっとたくさんポジションを持ってバリバリトレードした方がいっぱい儲かるんじゃないかという甘い考えがどうしても出てきてしまうのです。

この時期は検証作業で勝てることがわかっているのに、ルール合致まで待てずに負けてしまうことで随分と悩んだものです。

結局は30万通でトレードしていたものを5万通貨まで落とし1週間練習。次の1週間は10万通貨で練習。5万通貨ごとに徐々に上げていってチャンスを待つ練習を徹底しました。

これは本当につまらないトレードでしたし、ストレスも思いっきり溜まっていきましたが、なぜかプラス収支で1日が終わる嬉しさもありました。

なんだ、チャンスさえ待てば勝てるじゃん!

こんな気持ちになってからは、無駄なトレードは激減してチャンスを待てるようになり、トータルでの収支も安定してきました。

FXでプロスペクト理論を克服する!FXへの影響と克服方法とは?

2016.09.14

私は13時間以上も待っている!

私は1日のうち朝6時から21時くらいまでチャートを見ています。その中でエントリーするのは10回前後、ポジションを持っている時間は1トレード1分~20分程度です。

ポジションを持っていない時間を待っている時間とすれば、1日で13時間以上もチャンスを待っている計算です。

実際は午前中でトレードを終了したり、欧州でやめることも多いので、そこまで待ち時間は長くありませんが、今でも待っている時間というのはストレスがたまるものです。

特に2~3時間エントリーチャンスがないと、このままずっとチャンスが来なかったらどうしよう・・・みたいな気持ちになってきて、無意識になんとかエントリーできないか探している時もあります。

それでも、適当トレードで勝てないことが骨身にしみているので、エントリーはルール合致まで待つことができています。

待つという行為にはメンタルも重要!

待つという行為にはメンタルも重要!

ポジションを作らずにチャートを見ているだけで待っていることは結構つらいものです。どうしても儲けたいという意識がありますからエントリーしたくなってしまいます。

会員の方の中にも、検証で勝てることはわかっているのに、チャンスを待てずに余計なトレードをしてしまって収支がマイナスという方がいます。

自分の過去のトレードを再検証してみて、余計なトレードをしなければ十分にプラス収支になっているにもかかわらず、なかなか思い通りにできないのです。

これはメンタル的な要素も強く、欲だったり、儲けたいという焦りだったりが大きく関係していると思います。

それでも、これを自分自身で乗り越えないかぎり安定して勝ち続けていくことはできないのですから、なんとかするしかありません。

待つことは大変で辛いものですが、チャンスを待てれば勝てるという意識を強く持って慣れていきましょう。

FXはメンタル強化で勝てる?正しいトレーニング方法とは!

2016.09.19

チャンス待ちの時間は何に使う?

チャンス待ちの時間は何に使う?

チャートの前にいてチャンスを待っている時に何をしていればいいのでしょうか?じっとチャートを見つめ続けていれば疲れてしまいますから、私の場合でやっていたことを書いてみたいと思います。

過去チャートで検証しながらチャンスを待つ

これは今でも欠かさずやっています。リアルチャートをチラチラ見ながら別のモニターで数時間前、1日分くらい前まで遡って、自分のトレードは合っていたのか、ほかにもチャンスがなかったのかなどを詳細に検証していきます。

FXの場合は検証作業は特に大切ですし、自分のトレードを見直す作業も大切になります。土日にまとめてやるのもいいですが、直近で検証できれば記憶も確かなはずなので見直すのも楽になります。

リアルタイムチャートの節目やチャンスがきそうな値にアラートを入れておいて、集中して検証作業するのもお勧めです。

読書しながらチャンスを待つ

チャンス待ちの時間の読書もお勧めです。読む本はFX関連でもいいし、自分の好きなジャンルでもいいと思います。本の場合はパッと閉じてすぐにチャートに戻ることもできますからお勧めですね。

運動しながらチャンスを待つ

私の待ち時間で最近多いのが運動です。運動とは言っても腹筋だったりストレッチだったり軽めの運動ですが、気分転換にもなるしお勧めです。特にFXの場合はチャートの前から動かないことが多いので、運動不足解消にもなります。

倒れるだけで腹筋○○・・・も買ってトレードデスクの横に設置しています。

他にも好きなことをしながら待つ

ほかにもDVDを見るとか、ユーチューブを見るとか、FXブログで情報収集するとか、子供がいれば子供と遊ぶとか、家事を手伝うとか、なんでもいいと思います。

ずっとチャートをにばかり集中していれば、エントリーしたくなってしまいますから、好きなことをしながらチャンスを待つということは有効だと思います。

チャンスを待つということはルールを守るということ!

エントリーチャンスというのは無数にあるわけではなくて、自分のトレードルールに従ったチャンスポイントになります。

そのため、トレードルールを守るには必然的に待つという行為がついてくることになります。トレードルールに従ったエントリーチャンスが来るまでじっと待つわけです。

そして、そのチャンスでトレードしていくことによって、優位性が発揮できてトータルでのプラス収支が実現できることになります。

複数通貨ペア監視で待つ時間を少なくできる!

一つの通貨ペアでトレードしていてチャンスを待てないなら、複数通貨ペアでチャンスを待つというのもありだと思います。

一つの通貨ペアだと暇な時間が多かったとしても、2通貨ペア、3通貨ペアと監視する通貨ペアを増やせば、どんどん忙しくなって暇な時間はなくなっていきます。次々にチャンスが来るというイメージですね。

私も4通貨ペアを監視していた時期があったのですが、どれかでいつもチャンスが来たり、一緒にチャンスが来たりと大忙しでトレードしていました。

今は忙しすぎてやめてしまいましたが、一つの通貨ペアでプラス収支にできているのであれば複数通貨ペアの監視もお勧めです。

複数通貨ペアの監視については機会があったら書きたいと思います。

FXはチャンスを待つことが重要!勝つためには我慢も大事! まとめ

FXはチャンスを待つことが重要!勝つためには我慢も大事! まとめ

FXの基本はチャンスを待つことです。チャンスを待つこと=トレードルールを守ることにつながりますから勝つためには特に大切なことになります。

もし、チャンスを待てずに負けているなら、なぜチャンスを待てないのかをじっくり考えてみましょう。そして、その原因を取り除くことができれば焦りもなくなり、安定した勝ち組へ近づいていけると思います。

 

少しでも参考になりましたら応援クリックお願いします!

⇒⇒⇒ FXブログランキング
⇒⇒⇒ ブログ村為替投資情報

 

MAXの安定手法とMAXの神技手法公開中!

FX専業トレーダーMAXが2010年から使い続けている「MAXの安定手法」と2014年から使っている「MAXの神技手法」を少人数限定で公開しています。

FXで安定して勝ち続けていくためには、トータルで勝てる優位性の確認された手法が絶対必要条件です。また、勝てる手法を手に入れたとしてもリアルトレードで使いこなせなければ絵に描いた餅で意味がありません。

そのため、2つの手法公開は少人数の会員制として、会員期間内は個別の無制限サポートで、手法の使い方はもちろん、メンタルから悩み事まで徹底サポートしています。

FXで安定して勝ち続けていきたい方は詳細をじっくりご覧ください。