FX1分足、5分足、15分足、1時間足、4時間足、勝てるローソク足は?

勝てるローソク足




最初に結論から言えば、1分足、5分足、15分足、1時間足、4時間足、日足に関わらず、どの時間軸を使っても勝てるのは間違いありません。

ただ、その人のトレードスタイルによって勝ちやすい時間軸、メンタル的に合う合わない時間軸は変わってくることになります。

そして、自分のトレードスタイルにあった時間軸を選ぶことによって、より安定して勝ち続けられることになりますから、妥協しないで選択思考していただきたいと思います。

私的には1分足が一番のお勧めなのですが、代表的な時間軸のメリットデメリットを考えて一番勝ちやすいチャート、ローソク足を見ていきましょう。

FXで一番勝ちやすいのはどの時間軸なのか?

FXで一番勝ちやすい

メンタルやトレード環境によって変わってくると思いますが、あくまでも私の考えで言えば、1年で数%とかの利益でいいなら一番勝ちやすいのはスイングトレード。毎月しっかり利益を積み重ねたいなら1分足~5分足だと考えています。

スイングトレードで大きな時間軸を使用すると、トレード数の関係で収支が平均化するまでに長い時間がかかることになり、ドローダウンの期間がすごく長くなってしまう時もありますが、大きなトレンドが取れれば1回の利益が大きくなります。

そのため、しっかりトレンド判断ができれば勝ちやすいのは1時間足や4時間足以上の大きな時間軸ということになります。

しかし、エントリーチャンスが少ないために待つストレスがあることと、エントリーしたあとは利益が大きくなるまでの我慢もあり、初心者でうまく利益を出し続けていける人は少ないようです。

エントリーチャンスが少ないために、なんとかプラスにしようと考えてポジポジ病になったり、利益が大きくなるまで我慢できなかったり、エントリーポイントが適当になったりしてしまうからです。

これが1分足や5分足のように小さな時間軸のチャートでトレードすると、1日に10回~30回程度のトレード回数が確保できることになり、1週間もあれば収支がそのトレード手法、ルールの平均に近づいていくことになります。

結果、勝てる手法、トレードルールさえ使っていれば1分足や5分足の方がトータルでプラスになるのが早いことになります。

また、負けている期間が長かったり、マイナスのポジションを持ち続けているとメンタル負荷が大きくなってFXが楽しくありません。

なぜかと言えば、FXは勝てないと続かないからです。

こういったことから、勝ちやすくて私のお勧めの時間軸は1分足、もしくは5分足ということになります。

1分足のメリットデメリット

1分足のメリットデメリット

好きな人は大好き、嫌いな人は大嫌いと、はっきりと意見が分かれているのが1分足です。ちなみに私は1分足が大好きでFX歴12年間のほとんどを1分足でトレードしています。

1分足というとスキャルピングというイメージを持っている人も多いのですが、私的にはデイトレードだと思っています。

エントリーから決済まで数秒なんてことはなく、数分から20分とかかかることがほとんどで10pips程度の利益を狙っていくためです。

<1分足トレードのメリット>

1分足の大きなメリットはエントリーチャンスが多いということです。1日トレードしていたら50回、100回もエントリーチャンスがある手法もあります。

エントリーチャンスが多いということは、収支が手法の優位性に収束するのが早いということになります。

少し大げさに考えてみます。

例えば勝率50%でリスクリワード比が1.5くらいの手法を考えてみると、1分足で1日20回エントリーすると1週間で100エントリー。50勝50敗で十分な利益が残っているはずです。

これが日足を考えてみれば1週間で2エントリー。100エントリーするには50週、約1年もかかってしまうことになります。

エントリーチャンスが多いということは、それだけ手法の優位性に近づくまでの時間が短いことになるため、結果が出るのが早いということになります。

また、小さな利益を積み重ねていくのが1分足ですから、1時間足でレンジだったとしても取れるチャンスが多いのも大きなメリットです。

<1分足トレードのデメリット>

1分足だとエントリー判断するまでの時間が短すぎて忙しすぎるというのが大きなデメリットです。

でも、それは事前準備ができていない場合が多くなっています。エントリーする準備ができてチャートを見ていれば、あとはエントリーポイント発生でエントリーするだけですから忙しくありません。

あとはエントリー回数が多くなるためにスプレッドの影響が大きくなってしまうということもあります。

しかし、最近のFX会社は企業努力もあって各社スプレッドがかなり小さくなってきていますから、私的にはそれほど影響はないと考えています。

もうひとつ、エントリー回数が多いということは、それだけ多く資金をリスクにさらしていることになります。これは間違いなくデメリットです。

しかし、逆指値や資金管理でリスク回避できていれば、そこまで大きなデメリットにならないと言っていいでしょう。

FX資金管理

FX資金管理の重要性を再確認!大きく儲けたいなら時には勝負も必要!

2020年12月18日

<私の1分足の考え方>

私のトレード手法では1分足の押し目狙いがメインなのですが、その中でも5分足の○○MAで反発した後の1分足のサインでエントリーがかなり勝率の高いパターンになっています。

また、1分足、5分足、15分足、全部に20MAを入れるとどれかが有効に働いている時が多くなります。そのため、1分足、5分足、15分足全部を見てトレンド判断してエントリーも有効になります。

私が自信をもって提供しているMMA手法もメインは1分足でのトレードです。

5分足のメリットデメリット

5分足のメリットデメリット

デイトレードをしている方は5分足をメインに使っている方が一番多くなっています。15分足よりもエントリーチャンスが多くあり、1分足よりもゆったりトレードできるからという理由のようです。

私も5分足ではトレードはしませんが常時表示させています。短期トレンドが分かりやすいためです。

<5分足トレードのメリット>

1分足より忙しくないので気持ち的にゆったりトレードできるのが大きなメリットです。また、エントリーチャンスも数時間に数回程度は期待できるために収支が収束するのも比較的早いのもメリットです。

もう一つ大きなメリットは利益を伸ばしやすいということかもしれません。1分足よりも短期トレンドに沿ってエントリーできること、15分足よりもエントリーが早くできるので値幅が取れるためです。

私は1分足でエントリーしていますが、5分足も理想なチャート形になってエントリーサインが発生すれば、1分足でエントリーしたあとにそのまま利益を伸ばす判断をすることもあります。

<5分足トレードのデメリット>

5分足に大きなデメリットは見当たりません。世界中で多くの人が見ているためにテクニカルも機能しやすくなっているためです。

強いて言えば決済までに多少時間がかかることがあること、1分足に比べて損切りが大きくなること、タイミングが悪ければエントリーサイン発生率が下がることくらいだと思います。

15分足のメリットデメリット

15分足のメリットデメリット

15分足はデイトレードで活用されている方が多いのですが、スイングトレードで初動を捉えるために見ている方も多いです。

短期長期の中間的なチャートになるので、メインでエントリーしていくチャートというよりも、誰でも見る必要があって活用方法も多いチャートと言えます。

<15分足トレードのメリット>

大きな目線で見たトレンド転換を捉えることができるのでダマシにかかることも少なくなるのが大きなメリットです。

要は強いトレンドが見つけやすいということになります。強いトレンドでエントリーできるということは狙える利幅も大きくなるということになります。

あとは短期長期の中間的な意味合いのチャートになってくるので、デイトレードのトレンドチェック、スイングトレードでのエントリーチェックなどにも活用できることもメリットです。

私は1分足トレードメインですが、短期トレンドを把握するために15分足チャートも毎回ザックリチェックしています。

<15分足トレードのデメリット>

15分足は1時間にローソク足が4本ですから、2~3時間程度のトレード時間しかないとエントリーチャンスがこないことの方が多くなります。

3時間チャートの前にいたけどエントリーサインはなかった・・・なんてことになればストレスがたまる人の方が多いのではないでしょうか?

また、仕事中の欧州序盤に良いエントリーポイントがあってチャートを開いたときには終わっていたり、エントリーチャンスがなくて寝てしまった後に大きなチャンスがあった・・・なんてことも多くあるようです。

あとは時間軸が大きくなるにつれて損切り幅も必然的に大きくなってしまうのもデメリットです。15分足トレードでチャートを凝視し続けるのは無理がありますから指値逆指値設定にする人が多いです。

例えば30pips指値にあと数pips届かずに20pips逆指値にかかってプッシュ通知がきた時にはかなり悔しいと思います。

少し強めのメンタルを持っている方か、少しロットを落としてトレードするのがお勧めになります。

1時間足以上のメリットデメリット

1時間足以上のメリットデメリット

1時間足以上の大きなローソク足でトレードされる場合には基本的にスイングトレードが多くなります。

<1時間足以上のトレードのメリット>

スイングトレードをメインでしている方にしてみれば1分足は誤差の範囲なんて言うこともあるくらい、小さなローソク足での細かい値動きに惑わされなくなるのが大きなメリットです。

また、例えば4時間足であれば1日24時間で6本しかローソク足が形成されないことになるので、数分や数十分で決済をするなんてことは稀で、ゆったりした気持ちでトレードできることになります。

指値逆指値を設定しておけば1日に数回チャートを開いて価格をチェックするだけでトレードが可能になるのも大きなメリットですね。

<1時間足以上のデメリット>

使うローソク足が大きくなればなるほど、1回のトレードでの収支が大きく動きます。日足トレードにもなれば数百pips獲得することもあれば数百pipsの損切りをすることも出てきます。

10万通貨レベルでトレードしていたとしても、1回のトレードで数十万円の利益、数十万円の損切りと大きなお金が動くことでメンタル負荷が大きくなります。

そして、エントリーチャンスが少ないのが大きなデメリットです。日足であれば1ヶ月に数回のエントリーチャンス。1ヶ月に1回もエントリーチャンスがないなんて言う月も出てきます。

そのため、収支が安定するまでに長い期間がかかってしまうのが大きなデメリットです。1ヶ月単位では収支が安定しないので、年単位で利益を出していくスタイルと言えるかもしれません。

どちらかと言えば、大きな資金で時間をかけて大きな利益を出していくトレードスタイルの方に合っていると言えるでしょう。

スイングトレードに関しては以下で詳しく読めます。

FXスイングトレード!FX初心者でも勝つコツとテクニック!

FXスイングトレード!FX初心者でも勝つコツとテクニック!

2018年9月10日

自分に合ったローソク足を使うことが大事

自分に合ったローソク足

人それぞれトレードできる環境が違うことで合うローソク足は変わってきます。私なりの考えですが3パターンに分けて考えてみます。

仕事から帰宅後数時間集中してトレードできる人であれば、1分足、5分足を使ったデイトレードがお勧めになります。

例えば2時間~3時間、集中してトレードできれば5回前後のエントリーチャンスはあるのが普通ですから、そのエントリーチャンスで勝ち越していくことでトータルでもプラス収支が実現できます。

トレードするときはテレビを見ながらとか、お酒を飲みながらとかはやめて、チャートに集中することが大切です。

帰宅後も集中してトレードできる時間が1時間も取れないが、日中でも夜でもちょこちょこチャートを開いてみることができる人であれば1時間足や4時間足を使ったスイングトレードがお勧めになります。

小さい時間軸だとエントリーチャンスの時にチャートの前にいないとうまく優位性が発揮できなくなってしまうためです。

そのため、チャートに集中できる時間が少ない人に小さな時間軸は向かず、大きな時間軸を使ったスイングトレードなら十分に可能ということになります。

エントリーサインが出たらアラートを鳴らすとか、スマホにプッシュ通知を送るなどすれば、日中のわずかな時間でもエントリー、決済が可能になるからです。

あとはVPSなども一緒に活用できれば十分に勝ち続けていくトレードができることになります。

一日中チャートを見られる環境の人であれば、どの時間軸のローソク足を使ったとしても安定して勝っていくことが可能です。

あとは、自分の好みやメンタルで主要な時間軸を設定し、複合的にチャートを使い分けることで安定した収支を出すことができるでしょう。

お勧めのローソク足は?

お勧めのローソク足

初心者にはスイングトレードをお勧めしている人が多いですが、私的に最初は1分や5分足でのデイトレードがお勧めです。

多くの方は仕事から帰った後の数時間がトレードできる時間帯だと思いますが、4時間足や日足を使ったスイングトレードでは1日に1回もエントリーチャンスがこないことが多いからです。

手法ルールで決まったエントリーチャンスがこないと、どこかでエントリーできないかと感覚や感情でエントリーポイントを探してしまう人が多く、エントリールールにそったエントリーポイントではないところでエントリーしてしまいます。

結果、大きく損切りになり損失が増えます。

これが1分足や5分足を使ったトレードルールであれば、1時間に1回~数回のエントリーチャンスがありますから、そのエントリーチャンスを待ってトレードすることで優位性のあるトレードができることになります。

チャンスを待てない=ポジポジ病

で勝てないことになるので、トレードする時間にエントリーチャンスがある時間軸を使うということは大切なことになります。

FXポジポジ病

FXポジポジ病の克服方法!原因と対処法を詳しく解説!体験談あり!

2016年9月5日

こういったことと、収支の平均化の速さを考えれば1分足、もしくは5分足程度でのトレードが私的にはお勧めになります。

3分足や10分足があるFX会社もあります。見ている人が少ないので機能しないかと言えばそんなこともなくて、4年前くらいには10分足がかなり有効な時期があって自分のチャート設定に組み入れていた時期もあります。

FX1分足、5分足、15分足、1時間足、4時間足、勝てるローソク足は?まとめ

FX1分足、5分足、15分足、1時間足、4時間足

結果的に一番勝てるローソク足、勝ちやすいローソク足のチャートは5分足に軍配が上がりそうです。

メリットデメリットを総合的に考えても一番取り組みやすいのが5分足だからです。

それでも私個人的には1分足トレードをお勧めします。やはり、エントリーチャンスが多いこと、小さく損切りできるのでメンタル負荷が小さいこと、短時間でも収支が収束しやすいことなどが大きな理由です。

そして、時間のある時に1分足で集中してトレードしながら、5分足や15分足以上でもチャンスを待つスタイルがリスク分散にもなり一番安定して勝てるトレードスタイルだと考えているからです。

人によっては15分足トレードしかしないとか、1時間足でスイングトレードしかしないなんていう人もいますが、そのトレードで安定して勝てていないとしたら、使う時間軸があなたに合っていない可能性もあります。

様々な時間軸のチャートをチェックして、自分に合うチャートは何分足なのかを考えることで収支が大幅に改善することもあります。

FXで安定して勝ち続けていくためには自分自身に合った時間軸のチャートをメインに見ることが大切なのです。

FX参加者全員に役立つ情報満載!
マーケティングFX

ロジックもノウハウも販売ページですべて公開中!FX初心者から上級者まで役立つ情報満載!誰にも頼らず自分だけで稼ぐ力が身につく教材です。