FXのニュース速報のおすすめ!最速リアルタイムでチェック!

FXニュース速報のおすすめ

「FXのニュース速報のお勧めはどこですか?」「FXのニュース速報はどこで見るのがい一番いいですか?」「MAXさんはどこでFXの情報収集してますか?」こんな質問をたくさんいただきます。

為替は実需の動向でも動きますが、大きなニュースがあれば急激に買われたり、暴落したりしますから、日々のニュースチェックは大切です。それも、いち早くリアルタイム速報でニュースがチェックできればトレードが有利にできることもあります。

FXニュースはどこで見るのが一番いいのか、おすすめのFXニュース提供会社、リアルタイムでチェックすべきポイントなどを見ていきたいと思います。

FXニュースはリアルタイム速報でチェック!

FXニュースはリアルタイム速報でチェック!

上の画像は私の一番右端のFXモニターです。クロームで日経をリアルタイムで表示させて、あとはタブで各種ニュースを切り替えてみています。その右側にはライオンFXのリアルタイムニュースを表示させています。

FXのニュースは経済指標のように発表時間が決まっているものもありますが、突発的な要人発言だったり、政治的ニュースだったり、地政学的なニュースだったり、突然発表になるものも多くあります。

こういったニュースは為替の値の変動の大きな材料になることも多くあります。ニュースで世界経済の動向を知ることで、大きな目線での値動きに活かせる場面もありますから、トレードの前やトレード中に時間を作ってニュースチェックすることも大切です。

あとは、トレードをしているときに突然大きな変動があった時です。経済指標発表もないのに突然大きな値動きがあれば不安もなりますし、もしかしたら大きなチャンスかもしれません。

私も突然大きな値動きがあった時などはFX会社のニュースやツイッターを真っ先にチェックします。そして、動いた原因がわかれば順張りトレードに活かせる場面もありますし、逆に地政学的なニュースが要因の時は逆張りに活かす場合もあります。

こんな感じで、毎日トレードをしている人なら、ニュースを見てからチャートを見るというよりは、チャートが突然大きく動いてからニュースで動いた要因を確認することの方が多いはずです。

ただ、経済指標発表時以外に突発的に大きく動いたとき、エントリーチャンスがくればエントリーしていってもいいのかダメなのかを判断するためには、1秒でも早く動いた理由が知りたいものです。そんな時はリアルタイムニュース速報です。

ニュース速報では、大きな材料が出た数分後にはニュースとなって出ることが多いので、動いた原因、理由を早く知ることができます。

逆に、大きく動いたにもかかわらずニュースに何も出てこない時は、ただ単に大きなストップを狙いにいったとか、大きなポジションを解消した人がいると予測できるので、元の短期トレンドに戻る時が多いと予想できます。

そんなニュース速報をいち早く知るために、大手ファンドなどは莫大な資金を使ってブルームバーグの有料情報だったり独自の分析ソフトなどを使っています。

私たち一般のトレーダーは、そこまで早く情報を知ったとしてもトレードに活かしきれるものではありません。そのため、FX会社のニュース速報で十分だと思います。あとは、どこで何を見たらいいのかです。どこのサイトで何を見ておけばいいのかを順番にチェックしていきます。

★当サイト管理人が唯一認めたトレード手法はコチラから★

FXニュースのチェックポイント!

FXニュースのチェックポイント!

FXのニュースでチェックすべきポイントは大きく分けて9つです。

  • 経済指標発表の結果
  • 要人発言
  • 株価の動向
  • 原油動向
  • 仲値の需給予測
  • メガオーダー・オプション
  • オプション
  • 日足テクニカル
  • 市場ごとの為替見通し、注目ポイント

ニュースはいつも同じ媒体でチェックするのが鉄則です。記事を書く人の癖や捉え方などもあるからです。いつも同じ媒体でチェックしていると、何が言いたいのかとか流とかもつかめてくるはずです。

経済指標発表の結果

経済指標発表予定は皆さんチェックしていると思います。その経済指標発表予定が掲載されているサイトやFX会社の一覧よりもFXニュースの方が結果を早く掲載してくれる傾向が強いです。

そのため、FX会社のニュースをリアルタイムでの自動更新にしておくことでいち早く結果を知ることが可能になります。

経済指標発表予定や結果速報などの詳細は後述します。

要人発言

要人発言はドラギさんやイエレンさん、黒田さんなど、経済指標発表予定に組み込まれている場合もありますが、突発的にニュースとなって表面化してくることの方が多くなっています。

今だとトランプ大統領の発言が顕著ですね。毎日のようにツイッターや何かの媒体で発言をして取り上げられています。予定にない突発的な発言はドルに大きな影響を与えることもあります。

また、予定に組み込まれていない要人発言でも、数時間後とかに発表される予定などもニュースになっていることもあります。

こういった要人発言は相場に大きな影響を与えることも多く、短期トレンドの形成につながる場合も多いので、しっかりチェックしておく必要があります。

株価の動向

株価の動向は以下のサイトでリアルタイムでチェックできます。

今日の世界株価指数

このサイトで株価の値動きはチェックできますが、なぜ動いたのかまでは知ることはできません。そのため、ニュースサイトでの情報収集が必要になります。

原油動向

原油動向も為替に影響を与えることが多くなっています。最近は連動性が薄れてきているということはありますが、急激な値動きやトレンドなどはチェックしておいた方が良いと思います。

上記サイト内でリアルタイムの価格などはチェックできますが、ニュース速報で突発的な値動きや原因などを伝えている場合もあるのでチェックしておきましょう。

東京仲値の需給予測

いつもニュースとして出ているわけではありませんが、仲値での需給予測が発表されている場合があります。特に仲値不足というニュースが出ていれば仲値に向けてドルが買われる確率は格段に高まりますからチャンスを待つことができます。

ただ、仲値不足のニュースでも規模が小さい場合は動かないことも多いので都度しっかり判断していくことが大切になります。

メガオーダー、オプション

メガオーダーとオプションは私が必ずチェックしているFXニュースです。

売り、買い程度はスルーしてしまいますが、売り厚めとか買い厚めとか、断続的に買いとか売りとか、割り込むとストップとかは節目の大きさにも影響してくるのでチェックしています。

まったく気にしないという人もいますが、大きなオーダーがある値では意外に止まることも多いのでチェックしてチャートに水平線でも引いておけば利確損切りの目安にもできます。

あとは大きなノータッチオプションのニュースが出ていれば、防戦売買が大きくなる場合があるのでチェックしておきましょう。

日足テクニカル

移動平均線、パラボリック、ボリンジャーバンド、RSI、MACDなどのテクニカルでチャート上の節目を教えてくれるニュースです。

チャートにインジケーターを表示させなくてもザックリポイントがわかるので目を通しています。自分のルールでトレードしている方であれば、あまり気にしなくても良いと思います。

市場ごとの為替見通し、注目ポイント

FX会社が独自の目線でニュースとして提供している場合が多くなっています。人の意見を信じてトレードするのは危険なことですが、自分がチェックしていない情報などが出ている時も多いので目を通しておいた方が良いでしょう。

上記のほかに突発的なニュース、あとから影響がありそうなニュースなどが出ていることがあります。そのため、時間がある時に一通り目を通すように時々チェックしていればいいと思います。

FXニュース速報が最速で見れるのは?

FXニュース速報が最速で見れるのは?

FXのニュースは様々な会社が提供しています。

  • ロイター(マーケットアイ)
  • Klug FX クルーク
  • fxwave
  • 日本経済新聞
  • bloomberg
  • モーニングスター
  • 東洋経済オンライン
  • Yahoo!ファイナンス
  • ダウジョーンズ
  • Market Win24
  • GI24

FX会社のニュースは、これらの中から数ヵ所と提携してニュース速報として提供しているところがほとんどです。

例えば
外為オンライン fxwave MarketWin24 ロイター
SBIFX MarketWin24 GI24
ヒロセ通商 fxwave klug
DMMFX GI24

あとはFX会社独自の目線でのニュース提供もありますが、各社比べると意外に違うことを言っていることもありますから注意が必要です。

ロイターは時々チェックしよう!

ロイター

ローターを知らない人はいないと思いますが、世界最大級の国際マルチメディア通信社で、マーケットニュース、ビジネスニュース、テクノロジーニュース、外国為替フォーラム、ワールド、ヘッドラインニュース、速報ニュース、コラム、ブログ、国内株式、海外株式、外国為替、投資信託情報などなどがリアルタイムで更新されています。

FXに参加されている人であれば最低でもロイターの外為情報は時々チェックするようにして情報収集するようにしておきましょう。

ロイター外為

Klug FX(クルークFX)もチェックしておこう

Klug FX(クルークFX)

Klug FXは「株式会社みんかぶ」が運営している為替情報サイトです。為替ニュースや経済指標カレンダー、各国政策金利一覧などが見られるので便利です。

中でも金融市場休日カレンダーはチェックしておきたいですね。日本だけでなく米国や英国など世界各国の休日が一目でわかる便利サイトです。

私はKlug FXで休日の国をチェックして事前にトレード記録を書いているエクセルに転記するようにしています。月に1回これをやっておくと世界各国の金融市場が休みになる日を忘れることもなくなるので役立っています。

Klug FX

FXニュースはアプリで読める?

FXのニュース速報はスマホアプリでも読めます。自分で使っているFX会社のアプリをスマホにインストールしておけば、外出中でもいつでも気軽に読めるので便利です。

ライオンFXのスマホアプリ

ライオンFXのスマホアプリニュース

ライオンFXのスマホアプリにはプッシュ通知もついていますから、設定しておけばニュースの見逃しもなくなりますから便利です。

他にもYahoo!の無料アプリも便利です。

Yahoo!の無料アプリ

Yahoo!ファイナンス – 株価、為替、FXの無料アプリ

経済指標発表の予定、結果はどこで見る?

経済指標発表の予定、結果

トレードする前に経済指標の予定をチェックするのは必須です。ポジションを持っている最中に経済指標発表があって大きな損失を出さないためにも、トレード開始前には必ず経済指標発表予定はチェックしなければなりません。

ずいぶん前になりますが面白い話があります。FX初心者の会員の方と電話で話していた時のことです。

Aさん
17時半ごろ、ポンド円が一気に1円以上も値を下げましたね。急に大きく動いたのでビックリしました。ポンド円の売りを持っていたので大きく儲かったのですが何かあったのでしょうか?
私MAX
えっ、17時半は英GDPの発表があったんですよ。経済指標発表の時間とかニュースとかはチェックしていないんですか?
Aさん
時々は見てますよ。でも、さっきは見ていませんでした。
私MAX
・・・

怖いですね!

もし、経済指標が強い結果で暴騰されていたらAさんは大負けでした。運よく弱い結果だったことで大きな利益を手にしましたが、これは完全な運です。

大きな経済指標発表前にはポジションを作らない、保持しないのはスキャルピングやデイトレでは鉄則です。もし、ポジションとは逆の結果で大きく動かれたら大損してしまうからです。また、指標発表時にスプレッドが大きく開く場合もあるので損失が拡大してしまう場合もあります。

経済指標の予定や結果は、自分で使っているFX会社でも必ず公開しているはずですから、見慣れている、好きなところでチェックすればいいと思います。

私はYahoo!ファイナンスの経済指標が見やすくて気に入っています。

Yahoo!ファイナンスの経済指標

★1つ 無視していいレベル
★2つ 要注意
★3つ 重要

こんな感じでチェックしています。あとは自分でトレードしている通貨ペアに関連する国の経済指標発表には注目し、★1つでもニュースで注目度が高ければ要チェック。★3つでもトレードしている通貨ペアに関係ない国であれば無視してもいいレベル。

こんな感じで分類しておけば日々のトレードでも迷わないはずです。また、いつも同じところで経済指標発表をチェックしていると、大きく動く、動かないも感覚で分かってくるようになってくると思います。

経済指標結果が最速で見られるのは?

経済指標結果が最速で見られるのは?

経済指標の結果などを最速で見ることができるのは、外為どっとコムの経済指標フラッシュです。ほとんどのFX会社のニュースでは発表から1分後、2分後での情報提供ですが、外為どっとコムの経済指標フラッシュは、プロが見ている情報端末とほぼ同等のスピードで速報を最速で提供しています。

ほぼリアルタイムに経済指標結果が分かったからと言って、それをトレードに活かすのはほぼ不可能ですが、結果と値動きが違った場合のチャンスには活かせる可能性もあります。

また、経済指標発表直後はスプレッドが広がっていて新たなポジションは作れないとしても、スイングトレードなどでポジションを保有していた場合には利確した方が良いのか伸ばすべきか、損切りした方が良いのか我慢した方が良いのかなど検討できる余地が広がることになります。

また、外為どっとコムの経済指標フラッシュで結果を最速で知ってから、経済指標発表時の約定能力が高いサクソバンク証券でトレードなんてこともできます。

私は経済指標発表時にはトレードをしません。そのため、早く結果を知りたいとも思いません。指標前にはエントリーを控えて、結果発表後にスプレッドが落ち着いて正常化し、チャンスが来るまで待つスタイルです。このスタイルならFX会社のリアルタイムニュースで十分ということになります。

トランプ大統領のツイッター

トランプ大統領のツイッター

最近はトランプ大統領の発言でドルが大きく変動することが多々あります。トランプ大統領の発言は各FX会社のニュースでも配信されますが、全文を読むならツイッターが便利です。

トランプ大統領のツイッター(フォロワー5000万人以上)

ただ、トランプ大統領は英語でツイートするので英語に堪能でなければ意味がチンプンカンプンです。そんな時は以下の2つを利用すると良いでしょう。2つともフォロワーが多いサイトなので信頼性も高いと思われます。

(日本語訳)ドナルド トランプ

Donald Trump 日本語訳

※翻訳の正確性は保証されていないので参考程度にどうぞ!

他にも情報収集に有利なツイッター

ツイッターは意外に情報が早いことで知られています。中にはデマや適当な情報をツイートしている人もいますから、信頼あるアカウントのツイッターをフォローしておけばいいと思います。

私は以下をフォローしていて暇な時にチェックしています。

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

ロイター

ブルームバーグニュース日本語版

FX会社でもツイッターで情報提供をしている場合がありますが、営業ツイートが多かったりすることが多いので私はほとんど見ていません。自分の使っているFX会社のツイッターくらいは登録しておいても良いかもしれません。

私MAXも2010年からツイッターをしています。最近は朝1回程度とブログの更新情報くらいしかツイートしていませんがフォローしておいてください。

MAXツイッター

ツイッターアカウントは複数取得できますから、FX専用アカウントを一つ作っておくのもお勧めです。

過去検証では経済指標やニュースをどうする?

この間、全く知らない人から以下のようなメールをいただきました。

私のFX手法では5年間で〇〇pipsも勝っています。手数料をお支払いしますのでMAXさんのブログで紹介していただけませんか?

実は、こんな感じの紹介依頼メールは毎月のように届きます。ほとんどの営業メールは無視しているのですが、丁寧な文面でメールをいただくと返信しないわけにもいかずに以下の質問を書いて返信しています。

「検証結果には指標発表時は含まれていますか?」

他にも多数の質問をすることもあるのですが、FXの手法を検証している人は自動プログラムでやっている場合が多いので経済指標発表時間も無視して結果に含まれてしまっている場合が多いようです。

するとどうなるか・・・

損切りが数値で決まっている手法の場合であれば、拡大するスプレッドなども加味されていないことが多いために経済指標発表で逆に動いたときは小さく損切りされて、大きく順行した場合は大きな利益が検証結果にプラスされます。

そのため、実際の結果と検証結果が大きく変わってくることになるのです。

自分で手法の検証をする場合には経済指標発表の前にはポジションを作らないで、経済指標発表後でスプレッドが正常化してからポジションを作ることを前提に検証していけば、未来でも通用する可能性のある検証をしていけることになります。

FXのニュース速報のおすすめ!最速リアルタイムでチェック!まとめ

FXのニュース速報のおすすめ!最速リアルタイムでチェック!まとめ

FXニュース速報はどこが一番最速なのか、お勧めはどこなのか、チェックすべきポイントはどこなのかなどの疑問に答えました。

簡単にまとめてしまえば、自分が使っているFX会社のニュースをリアルタイムで自動更新させて時々チェックするくらいの感覚で良いと思います。確かにFX会社によってニュースソースが違ったりしますから、たくさんのニュースを見たければニュース量でFX会社に口座を作るのもありです。

今のFX会社は設備も整っているためにスピードに関しては似たり寄ったりのところが多くなっています。私たち一般のトレーダーの場合、ニュース速報を数秒早く知ったからと言ってトレードの成績が格段に向上するなんてことはないので、使い慣れたところで読むのが一番です。

ただ一点、あっちこっちに浮気しないで、いつも同じニュースソースを読むようにしていると相場の流れもつかめてくるのでお勧めです。

なぜ初心者でも勝てるのか教えます!

当サイト管理人が唯一認めた伝説のトレーダーが公開した驚愕の手法とは!
サインツールと独自の分析手法でエントリーも決済も一目でわかる!
投資初心者があっという間にプロトレーダーに変身する!必見です!