FXは難しい?あなたがFXで勝てない原因と勝つために大切な考え方!

FXは難しい

FXは難しいというメールを最近になってたくさんいただきます。難しいから勝てなくて悩んで様々な手法に手を出して失敗している方も多いようです。

確かにFXは難しいのですが、多くの方が勝てるようになれる投資です。

FXの利益だけで生活している専業トレーダーもたくさん実在していますし、兼業トレーダーで驚くほどの利益を出している方も実在するので、これだけは間違いありません。

FXを難しく感じている、勝てないという方には必ず原因があります。その原因を追究し正しく修正してあげることで簡単に勝てるようになってしまう人もいます。

FXを難しいと思っている方はじっくりご覧いただければと思います。

 

FXは難しい?

FXは難しい?

FXに参加する人が年々減っているという話を数年前に聞きましたが、最近は参加者が微増しているということです。

私のブログでは初心者向けに検証用のテンプレートを無料配布しているのですが、請求される方も毎月増加しています。それだけFXブログを読む初心者の方も増えてきているのだと思います。

FXのトレード記録の書き方

FXのトレード記録の書き方!無料エクセルテンプレートも!

2018年9月22日

このように、FXは簡単に勝てそうと考えて参加する人も多いのですが、誰でも簡単に勝てるようになることができるものではありません。

夢を壊してしまうかもしれませんが、FXは難しい投資なんだということをしっかり考えて理解しておかないと、安易に勝てると考えてしまい、正しい勉強もしないでリアルでトレードして大損してしまう可能性もあります。

また、巷にあふれている魅力的な誇大広告につられて高額なFX情報商材を買ってしまって大失敗してしまう可能性もあります。

なぜFXは難しいのか?

FXを難しいと考えてしまう人が多い一番の理由は「正しい答えが最初から決まっていないこと」が原因です。

数学のように難しい問題でも答えが決まっていれば頑張って正解することが可能ですし、勉強すれば誰でも正解できるようになります。

しかし、FXの場合には正しい答えが事前に決まっていません。その正しい答えが決まっていないものに正しい答えを出そうとすることで矛盾が生まれストレスがたまります。

値が上昇するのか下降するのかは簡単に決められそうなものですが、それが絶対に的中させなければならないと考えた時に迷いが生じてしまうわけです。

優位性があって勝てるトレードルールによってエントリーポイントが決まっていたとしても、そのエントリーポイントで負ける可能性もあるという点もストレス要因です。

ここで買えば絶対に儲かるという保証がないために、迷いが生じ、自信が持てず、メンタル負荷も大きくなるために難しい投資になってしまうのです。

あなたがFXで勝てない原因を考える!

あなたがFXで勝てない原因

今このブログを読んでいる方の中には毎月安定して大きく勝っているという方もいるかもしれませんが、なかなか安定して勝てるようにならないから、なにか良い方法はないのか探して読んでいる方も多いはずです。

ここで、あなたに質問です。

あなたがFXで勝てない原因を真剣に考えたことがありますか?

多くの方は以下に当てはまるのではないかと思います。

  • 勝てる手法、トレードルールが見つかっていないから
  • 勝てる手法はあるがトレード資金が少ないから
  • 忙しくてトレードする時間が少ないから
  • ルールを守るメンタルが弱いから
  • トレードを難しく考えすぎているから
  • FXを正しく学べる場所がないから
  • 全部のトレードで勝とうと思っているから
  • 毎日儲けたいと思っているから
  • 勝率が高くないと満足できないから
  • 資金を一気に増やしたいと思ってるから
  • 予想を完全に的中させようとしすぎているから
  • 誰でも勝てる手法がどこかにあると思っているから
  • どんなときでも勝てる手法があると思っているから
  • 大きな利益がほしいのにリスクはとりたくないから

どれかに当てはまりませんか?

上記のどれかに当てはまっているとしたら、根本的な考え方を変えない限り安定して勝ち続けていくことは不可能だと思われます。

でも、FXで勝ちたいという気持ちは本物だと思います。だからこのページを真剣に読まれているのだと思うからです。

確かに、勝てる手法がない、トレード資金が少ない、時間がない、メンタルが弱いというのは勝てない原因になっていることが多いです。

ただ、私が考えるには、「あなた自身にあっている手法を使いこなしていない」というのが勝てない原因の一つになっているのではないかと思うのです。

あなたにあっている手法は以下で決まってきます。

  • トレードできる時間
  • 資金量
  • メンタル

この中で資金量とメンタルに関しては後日記事にしたいと思います。今回は「トレードできる時間」によって自分に合ったトレード方法を考えてみたいと思います。

簡単に勝てそうに見えて難しいこと!

>簡単に勝てそうに見えて難しいこと

ネットにあふれている誇大広告やFX商材を見ると簡単に勝てそうに思えてしまいますが、実は難しい(無理な)ことが多くなっています。その理由を考えてみたいと思います。

スマホ片手に毎月100万円
忙しくて1日に1時間もトレード時間をとれない人が、スマホ片手に毎月100万円とかを稼ぎ出すのは現実的に不可能です。魅力的な広告文の手法があったとしても実際に同じようにトレードして利益を出せる人はゼロかごくわずかな人だけです。

完全な自動売買で誰でも大きな利益
自動売買は時期的に勝てる時期もあると思いますが、たった1つのEAだけで長期的に稼ぎ続けていくのは現実的に不可能です。自動売買で稼ぎ続けるためには、優位性のあるEAを見つけることはもちろんですが、相場状況に合わせてどのEAを稼働させるかなどの勉強が必ず必要です。

スイングトレードで毎月500pips
大きな値幅を狙っていくスイングトレードなら500pipsくらい簡単に取れそうだと考えてしまいますが、実際はそんなに甘くありません。大きなトレンドが出ているときなら可能な時もありますが、長期間にわたって数円のレンジの期間が多いためです。

空いた時間にパパっと利益を出す
今、売るか買うかして利益を出して勝ち続けていくことは不可能です。優位性のある手法のエントリーチャンスでエントリーしていくことが大切だからです。例えば10分間の休憩時間に利益を出すためには、そのタイミングでエントリーチャンスが来なければならないことになりますから、現実問題として不可能だといえます。

誰でも毎月100万円の利益
100万円の利益を出すためには見合ったロット数でトレードしなければなりません。10万通貨程度では月に1000pipsの利益を出さなければ100万円になりませんから、それ以上のロット数でのトレードが必要になります。ある程度大きな資金を持ってトレードできる人しか実現できません。

秒スキャルピングで安定した利益
秒単位で決済するスキャルピングは慣れないとかなり難しいものです。また、過去データでの検証作業も難しく膨大な時間がかかりますし、結果も人によって大きく変わってくるために誰にでも実践できる手法にはなり得ません。

コピートレードなら簡単
過去に大きなコピートレードグループがあったり、商材として販売されていたりしましたが、実際に長期間利益を出し続けているものを見たことがありません。また、そういったウワサも聞いたことがありません。こっそり稼ぎ続けている場合もありますが、そんなうまい話はないと考えた方が良さそうです。

勝率97%
ポジション単位で勝率を97%まで上げるのは現実的に不可能です。追い上げ投資や複数のポジション管理でしか実現できません。追い上げには大きな落とし穴がありますし、失敗した時の痛手が大きなものになりますからお勧めできません。

勝率1割でも勝てる
損小利大手法であれば勝率1割でもトータルで勝てる手法は実在します。しかし、10回中9回損切りするとなるとメンタル的に耐えられる人がどれだけいるかが問題です。トータルで勝てることがわかっていても、ある程度の勝率がないと続けられないのがFXです。

トレードできる時間で手法を変える?

トレードできる時間で手法を変える

人それぞれ個人個人にあう手法が必ずあります。

よく、忙しくて時間がないからスイングトレードという方がいます。それはそれで良い選択だと思います。

スイングトレードなら1日に1回とか数回のチャートチェックですむ場合が多いからです。インジケーターにプッシュ通知などを設定しておけば1週間に数回のチェックでいいかもしれません

ただ、資金の増加割合を自分自身で納得できている場合に限ります。スイングトレードで毎月1000pipsも取って少ない資金を大きく増やそうと考えてしまうとドツボにはまって大切な資金を減らす可能性が高くなるからです。

スイングトレードの場合には、長期間ポジションを保有すること、損切りも大きくなる傾向があることを考えれば、よほど資金に余裕がある場合を除いてロット数は大きくできないはずです。そしてエントリー数も少なくなることで必然的に短期間で一気に資金を増やして大儲けはできないことになります。

次に、私の知り合いに利益を最大限まで伸ばす凄い人がいます。この間聞いた話では夜21時に持ったポジションの決済を朝4時にしたそうです。それで70pipsほどの利益。その方はロット数が大きいので莫大な利益になりますが、サラリーマンの方などは朝までトレードは無理だと思います。

持ったポジションは寝る前に決済してしまうか、指値逆指値を入れてしまうか、利益が出ていればトレーリングストップを使うなどの工夫が必要になるはずです。

このようにトレードできる時間で使える手法は変わってきます。あなたにはどういった手法があっているのか、どうやってトレードしていくのが一番効率的なのかなどを詳しく考えてみたいと思います。

仕事からの帰宅後にトレードする方には?

仕事をしながらトレードをしている方で一番多いのが、帰宅後の数時間がトレード時間という方です。毎日2~3時間がトレード時間という方が多いのではないでしょうか?

こんな方に1番お勧めなのは1分足、5分足でのデイトレードです

時間が限られるからスイングトレードにチャレンジする方も多いのですが、2時間でも3時間でもチャートを見ている時間があるのであれば、1分足、5分足でのデイトレードが一番お勧めです。

自分がチャートを見ている時間を利益に変えるという考え方ではなく、チャートを見ている時間にチャンスがくるのをじっと待つことがトータルプラス収支の秘訣です。エントリーポイントを探すのではなく、エントリーポイントがくるまで待つんですね。

そして、毎日のトレードで利益を積み重ねていくという考え方です。

なぜ1分足や5分足かと言えば、トレードできる時間内にエントリーチャンスがきて決済までできる可能性が高くなるからです。

これが15分足や1時間足を使ってしまうと、限られたトレード時間内にエントリーポイントが1回もこない可能性がありますし、エントリーできたとしても決済できない可能性もあります。

睡眠時間を削ってトレードしてもプラス収支で終われば良いですが、マイナスで終わった時にはダメージが大きいはずです。

やはり、限られたトレード時間内で決着がつくトレード手法がお勧めになります。

次にお勧めなのはスイングトレード、自動売買です

朝、10時、昼休み、15時、帰宅後・・・のように細切れでもチャートをチェックする時間がある方であればスイングトレードも良いと思います。

帰宅後の数時間をチャート分析の時間にあてて、キーとなる値にアラートやプッシュ通知などをセット、仕事の合間にチャートを見てポジションを持ったり決済したりでもプラス収支にしていくことは十分に可能です。

4時間足などの大きな時間軸を使う場合には、数分単位での値動きは誤差の範囲になることも多いためにチャートを見た時に判断するということも慣れれば可能になってくるはずです。

そして自動売買に取り組む場合には、優位性のあるEA選びと組み合わせ、相場状況に合わせた使い分けが大事になってきます。

優位性があって勝てそうな一つのEAだけをずっと稼働させるのではなく、その時の相場状況にあったEAを選んで稼働させる考え方です。

帰宅後のトレード時間はEAの選択、検証にたっぷり時間をとります。一つのEAを稼働させるのであれば、今の相場状況にはどのタイプのEAが良いのか、どの通貨ペアで稼働させるのが効率的なのかなどを検討します。

複数のEAを同時稼働させるのであれば、大きな利益を狙っていくのではなくリスクヘッジになるEAを組み合わせた方が収支が安定します。

仕事が忙しくてトレード時間が取れない方には?

次に多いのが仕事が忙しく帰宅後に1時間程度しか時間が取れない方です。

実はこのタイプの方の失敗談が一番多くなっています

トレード時間の1時間で5000円でも1万円でも利益を出そうと、無理してなんとかエントリーできるポイント探しをしてしまいます

  • トレードルールが決まっていても、時間がないために、ある程度で妥協してしまってエントリーしてしまう。
  • 時間がないので損をしたくないから損切りができなくなってしまう。
  • 誰かが上がる予想をしているから信じて買ってしまう。
  • 少しなら取れそうだとポジションを持ってしまう。
  • 値ごろ感で買ったり売ったりしてしまう。

こんな失敗です

デイトレードをするのなら、時間がないからこそ、そのトレード時間にチャンスが来るのを待たなければなりません。大切な資金をリスクにさらすのですから妥協してはダメなのです。

時間のない方はデイトレード、スイングトレード、自動売買のすべてを勉強し、トレードできる時間にあった手法を使うという考え方が大事です。

時間がたっぷりある方には?

定年退職して時間が有り余っている方でFXに参加される方も多いです。また、隔日勤務や隔週勤務などで週に2~3日は1日中トレードできるという方も結構います。

時間がたっぷりある方には1分足、5分足などでのデイトレードがお勧めです。15分足でのデイトレードでもいいのですがエントリーチャンスが減る分、時間を持て余してしまうことになります。

そのため、短い時間足での短期トレードに徹して1日トータルでのプラス収支を安定させることを重要視することが大切です。

それでも、トレード時間をたっぷりとれる方は有利です。スイングトレードでもデイトレードでもスキャルピングでも、どんな手法にでも取り組めるからです。

闇雲に手を出してしまってはダメですが、メンタルや資金量に見合ったトレードスタイルを確立することができれば勝ち組になれる可能性は一番高いはずです。

子育て中の専業主婦の方には?

最近は専業主婦で子育てをしながらトレードしている方も多くなっています。家事などは自分で決めた時間でできると思いますが、子育てでは突発的なことも多くなってしまうので数時間単位でチャートに集中することは難しいかもしれません。

そのため、トレードできる時間をどれだけ作れるかが問題です。

チャートを集中して見ている時間は取りにくいはずですから、1分足や5分足などのデイトレードは不向きになります。エントリーはできたがチャートの前から離れて決済できなかった・・・なんて場面も出てきてしまう可能性があるためです。

お勧めは15分足以上でのデイトレードです。それも決済は指値逆指値などでできる手法であれば安心してポジションを持つことができます。

家事や子育てが一段落して1~2時間とかのまとまったトレード時間が取れるのであれば、1分足、5分足などでのデイトレードでもいいでしょう。

あとは細切れ時間は取れるはずなのでスイングトレードもお勧めになります。

家事や子育ての合間に時々チャートをチェックしたり、プッシュ通知やアラートでエントリーポイントをチェックできれば、日中もチャートをチェックできる分だけ有利なトレードが可能になります。

仕事が忙しくてまったく時間が取れない方

申し訳ありませんが、仕事が忙しくてトレード時間を全く取れない方は、FXで安定して勝ち続けていける可能性は限りなく低くなってしまうと思います。

FXではチャートを見る、分析する、情報を精査するなどの時間が必ず必要になるためです。

それでもFXで成功したいと考えるならば、スイングトレードや自動売買で利益を出していくしかありません。

平日に時間が取れない分、土日などのお休みの日には嫌になるほどの検証作業を繰り返すことでトレードの優位性をアップさせましょう。

スイングトレードでのエントリーポイントの精査、EAを使いこなすプロになるつもりで勉強と検証作業を徹底するのも良いと思います。

そして、1日1時間でもいいですし、朝昼晩の中で細切れでもいいからチャートが見れる時間を作る努力をすることです。

その努力は必ず結果につながってきます。

時間がない分、エントリーと決済に磨きをかけることで、自分だけのオリジナルルールを作ってトレードしていく方法もあります。

ただ、時間がない方がスマホでパパっと利益を出そうなんて考えてしまうと、必ず損失を出すパターンにはまります。余程熟練した人か慣れた人でないとスマホだけで利益を出していくのは不可能に近いからです。

私自身の体験談!

FX体験談

私のメイン手法は1分足のトレードです。デイトレードとスキャルピングの中間的な位置づけの手法ですが10年以上も基本理論は変わっていなくて継続して使い続けています。

一昨年、1分足手法と平行して4時間足のスイングトレード手法にチャレンジしてみました。1分足の1/3~1/5までロットを落として同時にトレードです。

そのスイングトレード手法は長期間分を検証して勝てることは自分でも実証済みでしたから自信をもってトレード出来ました。

そして、スイングトレードでも十分に勝てることがよくわかりましたし、トータルでは大きく勝ち越ししていましたが結局は半年でやめてしまいました。

やめた理由は「ものすごいストレス」があったことと、メンタル的に自分にはあわないと判断したためです。そして、スイングトレードをやらなくなったもう一つの原因は、収支が安定するまでに時間がかかることです。

1週間で300pips取れたときもありますが、1週間でマイナス100pipsもありました。スイングトレードで4時間足トレードとかの場合、エントリー数が極端に少なくなるために一ヶ月単位でも収支が安定してくるとは限らないのです。

これが1分足であれば、1日に何度もエントリーチャンスがあるわけですから、1週間もあれば収支は安定してくるのが普通です。

手法の優位性が発揮されるには統計的に考えてある程度の施行数は絶対に必要になるために、収支が安定してくるまでの期間は手法によって変わってくることになります。

あとは、スイングトレードで買いポジションを保有中に、同じ通貨ペアでメインの1分足手法で売りでエントリーする場面がたくさん出てきます。

1分足手法では小さなトレンドをこまめに取っていくために、スイングトレードでの大きなトレンドに逆らってポジションを保有することも多々あるからです。

  • スイングトレードのポジションは上昇してほしい
  • 1分足手法のポジションは下落してほしい

自分の中でスイングトレードと1分足トレードを完全に切り替えることができずに、「長い目では上昇してほしいけど今は下落してほしい」みたいに変な感情をもって毎日トレードすることが多くなりました。

手法が違うのですから、完全に分けて考えればそれまでですが、人間というのはそれをうまくできないようにできているみたいです。もちろん、うまくできる人もいるとは思いますが・・・。

一時期はスイングトレードは別の証券会社の口座でトレードするようにしてポジション情報は見ないようにしてみましたが、頭ではポジション保有がわかっているので効果なし。

ストレスが凄いのでスイングトレードはやめました。

私は一ヶ月単位では必ず勝ちたいし、1週間単位でも普通に勝ちたい。できれば1日単位でも毎日勝ちたいのです。

もちろん、私もすべてのトレードで勝ちたい気持ちはありますし、勝つためにエントリーも厳選していますが、トレード単位では100%勝つことが無理なのは理解できています。

スイングトレードだとポジションの持ち越しがあるので決着がつかずに毎月勝つのは難しいかもしれません。また、2週間で100pipsの損切りをした場合、残りの2週間でエントリーチャンスがあるかさえわかりませんし、負け分を取り返せるとは限りません。

やはり、長くても数十分で決着する1分足で繰り返しトレードをしてトータルでプラスにしていく手法が私には一番あっていたのです。

スイングトレードからデイトレードに変えて成功した体験談

スイングトレードからデイトレードに変更

スイングトレードで100pipsとか200pipsを狙って負け続けていたNさんという方がいます。FX歴は5年で累計収支はマイナス500万円以上・・・。負けすぎて計算もしていないそうです。

Nさんは1回のトレードで大きな利益を出せないと満足できずに、結構な利が乗ったポジションも反転されて損切りになることがほとんど。たまに数百pipsの利益を出せるのが快感でスイングトレードをやめられずにいました。

スイングトレードがトータルで勝てないことがわかっているのなら、その手法に固執する必要はまったくありません。私は1分足、5分足に切り替えてのデイトレードを勧めました。

すると、デイトレードなのに10pips、20pipsの利益で満足できずに利益を伸ばして失敗を繰り返しました。

トータルでのマイナス額も大きくなってきて、やっと「気づき」があったそうです。

小さな利益でもマイナスにならないことが大事。コツコツ利益を積み重ねていけばトータルでは大きな利益になると。

このことに気づいてからは1日単位ではマイナスの日があるものの週単位で勝てるようになりました。そして月単位では結構大きな利益が出せるようになったのです。

でも、ここで満足しないのがNさんでした。

デイトレードのエントリーポイントでポジションを作ったら、そのポジションをスイングトレード化させて保持する試みにでたのです。

失敗もたくさんありましたが、部分利確の手法を使ったことで、デイトレードで利益を積み重ねながらスイングトレードでも利益を出してトータルでプラスになることに成功

最終的にはデイトレードのエントリーポイントを精査して、5分足でエントリー、決済は4時間足というスイングトレードだけで大きな利益を出すことができるようになって、令和元年の10月から専業トレーダーになっています。

最初からスイングトレードで大きな利益を狙って大きなマイナスだったのに、デイトレードで利益を出せるようになった経験、ルールをスイングトレードに活かして成功した体験談です。

デイトレードからスイングトレードに変えて成功した体験談

デイトレードからスイングトレードに変更

Kさんは定年退職後に夫婦で悠々自適に生活しながらFXに取り組まれていた方です。ブログから縁があって私の1分足手法に取り組まれました。

1分足は忙しいという理由で最初は苦戦していましたが、自分なりの勝ちパターンが複数見つかったことでチャンスをじっくり待ってトレードするスタイルを確立し、毎月勝てる実力を身につけられました。

昨年、Kさんから1年ぶりくらいに連絡があって、今はスイングトレードで利益を出せているということでした。

年齢のせいもあり集中してチャートを見ていることが疲れとストレスになって、1分足を完全にやめてスイングトレードに取り組まれたということです。

最初のうちはエントリーを厳選して指値逆指値で放置というスタイルで勝ったり負けたりを繰り返したということですが、1分足手法をそのまま1時間足、4時間足、日足に当てはめてみたら勝てることがわかったということです。

1分足手法はトレンドフォロー手法ですから理論的には時間軸が変わっても通用します。

ただ、短期売買から長期売買に切り替えるとエントリー数激減からストレスを感じる方も多いのですが、Kさんには逆にそのエントリー数激減が性格的にあっていたようで、のんびりゆったりトレードできてプラスになれている。そして、チャンスがあれば通貨ペアを増やすことで利益も十分に確保できているという話でした。

1分足を忙しいと感じる方も多いので、性格的にスイングトレードの方があっている人も多くいるのだと思います。

FXは難しい?あなたがFXで勝てない原因と勝つために大切な考え方!まとめ

あなたがFXで勝てない原因と勝つために大切な考え方

FXは難しい投資ですが、多くの方が勝てるようになれる投資です

FXを難しいと考えてしまうと、難しいテクニカルに頼ったり、難しい手法に頼ったりしてしまい、さらに勝てなくなっていきます。

上昇するか下降するかだけを考える、違ったら損切りすればいいだけ

こう簡単に考えるだけでチャートの見え方も変わってきます。

もちろん、安易な予想だけで勝ち続けられるほど甘いものではありませんから、検証作業に裏付けされた手法、トレードルールを作り、それを守ることが大切です。

FXで安定して勝ち続けていくためには大切なことがたくさんありますが、その中でも自分に合った手法を選ぶということを最初に考えてください。

自分にあった手法ならFXが楽しいし長続きします。そして、ストレスを増やさないトレードも大切だからです。

自分にあったトレード手法を使って、安定した利益を出せるようになっていきましょう。

 

FX参加者全員に役立つ情報満載!
マーケティングFX

ロジックもノウハウも販売ページですべて公開中!FX初心者から上級者まで役立つ情報満載!誰にも頼らず自分だけで稼ぐ力が身につく教材です。