FX勉強法!FX初心者が勝つための勉強で大切な15項目とは?

FXの勉強法




FXの勉強法を知っていますか?

FXで勝ち続けていくためには正しい方法で勉強する必要があります。ただ勉強とは言っても専門家のように深く追求していく必要はなく、広く浅く知識をつけることが大切だというのが私の考え方です。

これは、FXをたくさん勉強して知識が豊富な人がFXで必ず勝てるというものではないからです。FXに詳しいアナリストの予想が当たらないのがいい例です。

大切なのは値動きを予想できるようになるための勉強ではなく、FXで勝っていくための勉強なのです。

それでは、FXで勝てるようになるための勉強法はどうすればいいのか?初心者の方がFXで勝っていくために勉強すべき大切な15項目と、その勉強法を詳細に説明します。

FXは勉強すれば勝てるようになる??

FXは勉強すれば勝てるようになる?

FXは勉強すれば必ず勝てるようになる!

これは間違いです。

勉強したら必ず勝てるようになるのなら、FXに参加している人のほとんどが勝ち組になっているはずです。

FXに参加している人で勝ち続けている人は1割と言われていますが、私的にはもっと少なく数%だと思っています。たくさんの参加者が一生懸命勉強しているはずなので勉強したからと言って必ず勝てるようになれるわけではないのです。

でも、正しい勉強をすれば勝ち組に近づくことができるのは確かです。

例えば野球を一生懸命練習したからと言って必ずプロにはなれません。練習だけでプロになれる人は稀で、やはり体格だったり、才能だったりが必要なはずです。

例えばプロゴルファー、小さな時から一生懸命練習していればプロテストには合格できるかもしれません。しかし、プロとして稼ぎ続けていくためには相当の努力が必要で、その努力が実るのはごく一部のプロだけです。

例えば行政書士、資格を取るために一生懸命勉強すれば人によって時間差はあるかもしれませんが、ほとんどの方は資格を取れるはずです。

でも、FXはちょっと違います。

FXではプロになる必要はなく資格も不要、自分一人の力で勝てるようになればいいだけなのです。

極端に言えば、勝てる手法を手に入れて、その通りにしていれば勝てるのがFXなので勉強なんて必要ないわけです。

しかし、その勝てるトレード手法が遠い未来まで永久に使える保証はなく、自分自身の裁量判断が必要になる場面が必ず出てきます。そういったときのために様々な勉強が必要になるのです。

また、より精度の高いトレードができるようになるために様々な勉強が役立ってくることにもなります。

そして、FXの勉強は独学でうまくいく人は稀です。

私がFXを始めたころ(2009年)はFXスクールもなくFX塾なんてものもありませんでしたから完全独学でしたが、FXの書籍を100冊以上、FXの情報商材も100種類以上手に入れて勉強しています。

まあ、私の場合は勉強というよりは聖杯探しという方が正解だったのかもしれませんが、かなりの時間をFXの勉強で使っているのは確かです。

FX超初心者の勉強法とは?

FX超初心者の勉強法
  • ドル円が上がると円安なのは意味が分からない
  • チャートも見たことない
  • スプレッド?スワップ?
  • FX用語もさっぱりわからない
  • デモトレードもしたことがない
  • リスクオン、リスクオフって何?

あなたがこんなFX超初心者だったとしたら、やはりFXを勉強して広く浅くでも知識をつけていく必要があります。

では、FX初心者の方はどうやって勉強したら一番いいのでしょうか?

今はネット社会ですからグーグルで調べればほとんどのことは勉強できます。パソコンで見てもスマホで見てもFXのブログがたくさんあります。

そのため、ネットで様々なブログを見て勉強している方が多いようです。

しかし、ネットで調べて勉強してしまうと頭がこんがらがります。

これは、ネットには様々なFXブログがありますが、中にはトレードをしたこともない人が書いているブログも多いですし、俗にいうライターが調べながら書いている記事も多いです。大負けしている人のブログまであります。

そのため、同じことについて書いている記事でも書いてあることが違う場合が多いのです。ある人はこう書いてたのに、別の人のブログを見れば違うことが書いてある。

これでは頭がこんがらがり正しい知識を身につけることができません。

私がFX初心者の方に最初の勉強法としてお勧めするのはFXの本を読むことです。

FX超初心者の方は、まず本屋に行って、初心者向けの書籍を1冊購入してきましょう。例えばFX入門とか、FXの教科書などです。

そして、その書籍を1回読んでわかったつもりになるのではなく、丸暗記するレベルまで読み込みましょう。

1冊の本を熟読して覚えていくことでFXの基本は完璧になるはずです。それから次の段階に進んでいきましょう。

FXの何を勉強する?

FXの何を勉強する?

FX資金が100万円あるとします。

なにも勉強しないでトレードを始めたら90%以上の確率で資金が減ります。それも継続してトレードを続けていたら100万円の大半を失ってしまう人が多いと思います。

ちなみに私もそうでした。なんの知識も持たずに勘だけでトレードを繰り返し、FXを始めた1年間で8桁を超える驚くほどの大金を失っています。

そうならないためにはFXで勝つための勉強が大切になります。最初に大負けしない勉強をしておくことが大切なんですね。

では、FXの何を勉強すればいいのでしょうか?

FX用語などの基本の勉強をする

ネットで調べればほとんどのことはわかる時代なので、ネットで勉強するという人も多いかもしれません。

でも、古いと言われそうですが、私としては本で学ぶことをお勧めします。

ネットだと好きな箇所にさかのぼるのが面倒ですし、付箋を貼ることもできない、アンダーラインも引けないからです。

本屋か中古本屋、ネットのショップなどでFX用語などの基本が書いてある書籍を数冊購入し熟読して基本的な用語などを学んでいきましょう。

そして、ある程度理解できてきたらFX会社のニュースやコラムなどを読んでみて、内容を理解できているかチェックしてみましょう。

そして、わからない用語が出てきたらすぐに調べる癖をつけることが大事です。何度も調べているとそのうち頭に入ってくるからです。

また、ネットで勉強するのであれば、必要な箇所を印刷してファイリングしておいて、いつでもパッと見られるようにしておく方が良いかもしれません。

ネットでも余裕で勉強できるという人はネットでも全然かまいません。自分が飽きずに勉強しやすいようにするのが一番です。

FX口座選びを勉強する

どこのFX会社を使ったらいいのかわからないという人も多いです。

FX会社によってチャートも違うしプラットフォームも違いますが、今は各社企業努力をしていることで使える機能などはほとんど一緒です。

なので好きなFX会社に口座を開設してみましょう。

そして使いにくいなと思えば違うFX会社に口座を開設してみれば良いと思います。口座開設はどこでも無料ですから数多くのFX会社を試して自分に合ったところを見つけてください。

どこかは書きませんが、私は絶対に使わないと決めている国内のFX会社が2社あります。これは単純に私が嫌いなだけなのですが・・・。また、海外口座などはトラブルが多い会社も多いのでリアルトレードで使うFX会社は慎重に選ぶ必要があります。

プラットフォームの使い方の勉強する

FX会社に口座を作ったら、エントリー方法、決済方法など取引に使うツールを使えるように勉強します。

見たことのないようなボタンがたくさんあるかもしれませんが、全部押してみて何が変わるのか、どう動くのかチェックしてみても良いと思います。

取引ツールを使いこなせるように勉強、練習しておかないと、買う場面で売ってみたり、決済する場面で追加購入してみたり失敗してしまうことが出てきます。

取引ツールの使い方を覚えるのは結構重要なのでしっかり勉強してください。

トレード環境の勉強をする

自分のトレード環境を整えましょう。

今はスマホだけでもトレードできる時代ですが、使えるテクニカルが変わったりする場合もありますから、最初はパソコンでトレードすることをお勧めします。

特にオリジナルのインジケーターなどはパソコンのMT4やMT5でしか使えない場合も多くなっています。

最初はデスクトップでもノートパソコンでも1台あれば十分だと思いますが、慣れてきたらモニターを2枚つなげる、もしくはモニターを3台つなげるようにすると更に使いやすくトレードもしやすいと思います。

トレード環境については以下でも詳しく読めます。

FXはトレード環境も大切!集中できる環境が勝てる理由とは?

FXはトレード環境も大切!集中できる環境が勝てる理由とは?

2016年9月28日

トレード資金の勉強をする

トレード資金の勉強は必要ありませんが、いくらの資金で何万通貨のトレードができるかなどレバレッジとの関係の勉強は必要です。

レバレッジの勉強をしておかないと資金から見てリスクの高いトレードをしてしまう可能性もあるからです。

自分のトレード資金では、どの程度のロットでのトレードであれば余裕を持ったトレードが可能なのか、最高では何ロットまでのトレードが可能なのか、いくつまでポジションを持てるのかなどはパット判断できるようになっておく必要があります。

FXのレバレッジ

FXでレバレッジが高いと危険はウソ!レバレッジは高い方が安全?

2016年9月13日

チャートの値動きの勉強

チャートの値動きには奥が深いものがあります。

チャートの値動きは何が原因で起こっているのか?1分足、5分足、15分足、1時間足、4時間足、日足など、チャート切り替えて見てみましょう。

また、1つの画面に違う時間軸のチャートを複数並べて比べてみると良い勉強になります。4分割や6分割して違う時間軸のチャートを表示すると、大きな時間軸に追随して動いているのか、新しいトレンドが始まりかけているのかなどが見えてきます。

あとは、様々な通貨ペアを並べて表示させてみるのも勉強になります。ドル主導で動いているのかリスクで動いているのかなどが分かってくると、エントリーポイントの精査ができるようにもなってくるからです。

通貨ペアの癖の勉強をする

FXでトレードできる通貨ペアは数十種類以上あります。そんな中でも初心者のうちはメジャーな通貨ペアを選ぶことをお勧めします。

取引量の大きいメジャーな通貨ペアは突発的な値動きも少なくなり安定した値動きをする場合が多く、スプレッドも小さいことが有利になるためです。

特にFX初心者の方にはドル円、ユーロ円、ユーロドルなどがスプレッドも小さくお勧めです。慣れてきたらより大きく動く可能性の高いポンドドルやポンド円もお勧めです。

通貨ペアには、その通貨ペア独自の癖があったりします。そういった癖を勉強しておくことで勝率アップにつながる場面も多々あります。

自分でトレードしていく通貨ペアを決めたら、できるだけ多くの時間を使ってそういった癖の勉強もしておきましょう。

チャートパターンの勉強をする

FXにはチャートパターンと呼ばれるものが存在します。

ダブルトップ、ヘッド&ショルダー、V字トップ、ソーサートップ、三角持ち合い、フラッグ、ウェッジなどなど。

こういったチャートパターンを勉強しておくと、同様の場面が出現した時に取るべき最善の方法が選択できることがあります。

チャートパターン通りに動くと考えるのではなく、チャートパターンになる可能性も考えるとエントリーや決済時の選択の幅が広がるのです。

また、酒田五法なども結構使えるチャートパターンになりますから覚えておいた方が良いと思います。

酒田五法については以下で詳しく解説しています。

FXの酒田五法

FXの酒田五法!使い方をチャート画像付きで詳しく解説!

2019年1月20日

ファンダメンタルズ分析の勉強をする

ファンダメンタルズ分析とは各国間の経済状況や財務状況などを比べて分析し、相場の方向性を予測する分析方法になります。

景気だったり、貿易状況だったり、金利の上下だったりをトレードする通貨ペアの国と国で比べることで、チャートが上昇するのか下降するのかを予測します。

完璧に分析しようと思えば膨大な情報と知識が必要になりますから、広く浅く簡単に勉強して覚えておく程度で良いと思います。

私自身もそこまで深くは勉強していなくて、ザックリ広い意味でのファンダメンタルズを理解している程度です。

テクニカル分析の勉強

チャートにはローソク足が表示されてると思いますが、そのローソク足はテクニカル分析の基本になっています。

他にはトレンド系のテクニカル分析、オシレーター系のテクニカル分析があります。代表的なところでは移動平均線、ボリンジャーバンド、RSI、MACD、ストキャスティクス、一目均衡表、RCIなどです。

こういったものをどう使うのか、チャートに入れると何がわかるのかなどをざっくりで良いので勉強しておきましょう。

勉強するには本やネットで各種テクニカルとはどんなものなのかをザックリ覚えたら、チャートに入れて自分の目で見てみるのが一番です。

私も勉強していた時にはMT4にデフォルトで入っているインジケーターを一つずつ全部チャートに入れて見ています。チャートに入れて見ることで、こんなテクニカルなんだと理解することができます。

でも、実際にはほとんどのテクニカルは使わないはずですから、使うテクニカルを深く勉強すればいいことになります。

相場環境認識の勉強をする

相場環境認識とはFXで勝つ確率を上げるために、大きな目線で今の相場の状況を確認、判断する作業のことを指します。

大きな目線でチャートを判断し、小さな目線でトレードすることで勝率を上げていくことができます。

トレードをしていく上では結構重要なことですので、相場環境認識についても広く浅く勉強しておきましょう。

FXの相場環境認識

FXの相場環境認識のやり方!勝率アップ、利益率アップのために!

2016年9月6日

FX手法の勉強

FXでトレードしていくには、トレードルール、FX手法が絶対に必要です。適当にトレードしていたらトータルでは必ず負けてしまうためです。

そのため、同じルールでトレードを続けていけばトータルではプラスになるという優位性のあるFX手法が必要なのです。

FX手法は自分で作るか、ネットに無料公開されているものを参考にするか、誰かが作ったFX教材を買うかになりますが、一番良いのは自分自身で自分だけのトレード手法を作ることです。

しかし、自分で作るには手間と労力が驚くほどかかってしまいます。

また、ネット上には数多くの手法が有料で公開されていますが、詐欺同然のものも多くなっていますから注意しなければなりません。

こういった意味でもFX手法の勉強は大切なものになります。

FXトレードルールの作り方

FXトレードルールの作り方!あなたも勝てるトレードルールを作れる!

2016年9月15日

資金管理の勉強

FXで勝ち続けていくためには手法も大事ですが資金管理も超重要です。資金管理次第で勝ち組になれたり、負け組になってしまったりすると言われるほどだからです。

どういった資金管理でトレードしていけば利益を最大化できるのか、リスクを最小化できるのかなどを勉強しておきましょう。

FX資金管理

FX資金管理の重要性を再確認!大きく儲けたいなら時には勝負も必要!

2020年12月18日

トレード検証の勉強をする

自分のトレードは必ず検証する必要があります。トレードしっぱなしでは、そのトレードは正解だったのか失敗だったのかもわからないためです。

自分のトレード記録を書き、検証作業をすることで反省する点もわかり、トータルでの収支が安定してくるはずですから、検証作業の勉強もしておきましょう。

FXのトレード記録の書き方

FXのトレード記録の書き方!無料エクセルテンプレートも!

2018年9月22日

メンタルの勉強をする

学校や独学で英語をいっぱい勉強したとしても外国の方に突然話しかけられると焦ってしまうことがあるように、FXの場合も実際にリアルトレードしてみないとわからないことがいっぱいあります。

特に自分のメンタルに関しては検証やデモトレードでは絶対にわかりません。

リアルトレードで自分の資金をリスクにさらすことでメンタル負荷がどのくらいあるのか、自分のメンタルはどんな感じなのかがわかってきます。

どうしたらメンタル的に正常なトレードができるのかも勉強しておきましょう。

FXメンタルの鍛え方

FXメンタル鍛え方!正しいメンタルトレーニングで崩壊を防ぐには?

2016年9月19日

上記の基本の勉強を終えたら、1000通貨や1万通貨などの大きなダメージを受けない程度の通貨数でリアルトレードしてみましょう。そして、そのトレードを検証、反省することで新たな勉強の課題が必ず見つかるはずです。

どんなにFXを勉強したとしても、未来の相場を正確に予想することは不可能なのですが、勉強しておくことで役立つことも多くなりますから、上記15項目くらいはしっかり勉強しておくようにしましょう。

チャートの値動きに慣れること!

チャートの値動きに慣れる

英語を話せるようになるのに一番いい勉強法は英語圏の外国に行って長期間過ごし生の英語に慣れることだと言います。

FXもリアルタイムでチャートを見続けること、これが一番大切なことだと私は思います。

まずは自分の好きな通貨ペアを一つ決めます。ドル円ならドル円のチャートを時間のある限り見続けてみましょう。朝起きてすぐ、帰宅後の数時間、仕事中なら休憩時間、昼休み、とにかく時間があればドル円のチャートを見ます。

例えば5分足と決めて、20SMAなどを1本入れておくだけでさらに値動きがわかりやすくなると思います。

これを1週間、1ヶ月と続けていくと値動きがどうなっているのか見えてくるはずです。昨日寝る前はこんなチャート形で○○円だったのに今朝起きたらこうなっている。

  • それなら昼まではどう動いているのだろう?
  • なぜ、こんな値動きになったのか?
  • なにが影響したのか?
  • なにもニュースや要人発言がないのに大きく動いたのはなぜか?

などなど疑問点も出てくるはずです。その疑問点はすぐに調べる癖をつける。ネットニュースや要人発言なども調べてみる。

これを繰り返していけば必ず地力がついてきます。

余談ですが、私がFXを始めてから現在2021年6月までにリアルタイムチャートを見ていた累計時間をザックリと計算してみたら・・・4万時間ほどでした。すべての時間で集中していたわけではありませんが、こんなにリアルタイムでチャートを見ているのに今でも完全な予想はできません。FXは本当に奥が深いです。

「わかった」から「できる」へ!

「わかった」から「できる」へ

某マニュアルに書いてあったことなのですが感銘を受けましたので紹介します。

それは「わかった」と「できる」の違いでした。

ひとつのことを身につけようとするとき、「わかった」という段階と「できる」という段階があります。

投資において大事なことは「わかった」のレベルを「できる」のレベルに引き上げることです。そのために必要なことは反復です。繰り返し練習することです。

こんなことが書いてあり、私は、全くその通りだと思いました。

例えばFX手法のマニュアルを読んで「わかった」のでトレードをする。ぜんぜん勝てない。これはそのマニュアルの手法を使いこなすことができていないためです。「できる」まで到達していないんですね。

これはFXの勉強も一緒です。

チャートパターンも相場環境認識もテクニカル分析も勉強した。でも、実際のトレードでは使いこなせていない。

これは勉強したことが「わかった」だけなんですね。実際には「できる」まで到達できていないために勉強したことがうまく使いこなせていないのです。

これを回避するためには繰り返しの練習です。何度も何度も練習する。そして体にしみこませることができれば無意識に「できる」レベルになります。

ここまでいけば勝ち組になっている、もしくは、勝ち組はもうすぐそこまで来ているはずです。

メンターを持つことの大切さ!

メンターを持つ

メンターを辞書で調べると、優れた指導者、師匠、助言者、恩師、顧問、信頼のおける相談相手などと書いてあります。

FXで言えば尊敬できる指導者と言えるでしょう。

FXの場合、勉強する場はセミナーだったり塾だったりが存在していますが、なかなか勝てるようになるまで指導してくれる場はありません。

中には詐欺的に騙してお金を取ろうとしている悪徳なものまであり、サイトやブログを見ても素人では見分けがつきにくいものです。

また、トレードをするのは自分一人です。一人でトレードしていると悩みがあっても誰にも聞けません。

私もFXを始めてトレードで悩んだ時に誰か聞ける人がいたらと考えたものです。自分一人で悩んでいると行き詰まりから脱出するのにものすごい時間がかかってしまうのです。これはメンタル面もそうですがトレード手法についてもです。

勝てる手法を公開してくれて、その手法の使い方も指導してくれる。そして、その手法を使いこなせるようになり、安定して勝てるようになるまで指導してくれる人がいたら・・・嬉しいと思いませんか?

私にもメンターがいます。私の20年来の知人でありゴルフのメンターです。メンターを持つことで、どんなことでも能力アップできるようになるのは間違いないと思います。

FXの勉強はいつまでも続く!

FXの勉強は一度したら終わりというものではありません。

基本的な部分は覚えてしまえば復習などの必要はありませんが、日々のトレードに関する勉強を継続していくことで更に安定して勝てるようになっていくためです。

成功したトレードの検証、失敗したトレードの反省、これらも勉強です。私も毎週末に数時間は時間を取って必ず自分のトレードを振り返り検証しています。

FXで勝ち続けていくためには、勝てるようになったとしても油断しないで日々継続して勉強を続けていくことがとても大切なことです。

FX勉強法!FX初心者が勝つための勉強で大切な15項目とは?まとめ

FX勉強法!初心者が勝つための勉強で大切な15項目

FXでは勉強したから必ず勝てるようになるというものではありませんが、様々な項目での広く浅くの勉強はとても大切です。

基本の勉強が終わったら実践でのリアルトレードをしながらも継続して勉強していくことで収支の安定化にもつながってきます。

勉強をしておくことで自信がつくからです。

そのために大切な15項目をまとめました。

これらの項目を勉強し、その勉強を継続していくことで、あなたもFXでの勝ち組に近づいていけるはずです。そして大きな利益を手に入れていくためにもFXの勉強を継続させていきましょう。

FX参加者全員に役立つ情報満載!
マーケティングFX

ロジックもノウハウも販売ページですべて公開中!FX初心者から上級者まで役立つ情報満載!誰にも頼らず自分だけで稼ぐ力が身につく教材です。